シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

窓のリフォーム

冬の結露対策で窓のリフォームをします!

投稿日:2017年10月14日 更新日:

窓のリフォーム

窓のリフォームをすることにしました。

北海道のマンションなので、窓はもともと二重窓です。

二重窓の内窓を交換するリフォームをします。

具体的には、単板ガラスからペアガラスに交換をして断熱効果を上げるのです。

窓のリフォームをする理由

寝室の窓

冬になると、寝室の結露で悩まされていました。

内窓に水滴がびっしりとついて、酷い時にはレール部分に水が溜まり、溢れ出てしまいこともあります。

毎朝、毎朝、結露を拭き取る作業が面倒です。

結露により剥がれた壁紙

さらに、結露のため、窓枠近くの壁紙は剥がれてきています。

見栄えが悪いので、壁紙の貼り替えはしたいです。

でも、結露対策をせずに壁紙を貼り替えても、また剥がれていまいそうです。

それで、壁紙が剥がれたままに。

結露対策には換気が有効ですが、北海道では真冬になると、窓が凍ってしまいます。

なので、換気のため窓を開けることができない日も。

結露を何とかしたいと考えていると、窓のリフォームをすれば解決するかもしれないと知りました。

結露対策で単板ガラスからペアガラスに

単板ガラスの内窓

我が家のマンションでは、外窓も内窓も単板ガラスを使っています。

単板ガラスでも二重窓なので、それなりに断熱効果はあるはずです。

でも、結露は発生しています。

ペアガラス

単板ガラスを上の写真のようなペアガラスに交換するのです。

最近のマンションでは、ペアガラスを使用するのが一般的のようですね。

単板ガラスからペアガラスに交換すると、さらに断熱効果がアップして結露が防げるそうです。

さっそく、リフォーム会社さんに相談してみました。

内窓を単板ガラスからペアガラスにすると結露対策にはなるようです。

しかし、それだけでは結露が防げないこともあるようです。

結露対策には換気も

寝室の吸気口

結露対策には、室内にある水分をなくす必要があるとのこと。

なので、寝室に換気扇を新たに設置すると結露予防の効果があるようです。

換気扇を取り付けるのは、寝室の吸気口です。

最近のマンションなら、24時間換気システムが導入されています。

しかし、私の住んでいるマンションは古いので換気システムはついていません。

それで、寝室に換気扇も取り付けることにしました。

まとめ

窓のリフォームをするため、さっそく見積もりをしてもらいました。

私の住んでいる市ではちょうどエコリフォームの補助金が条件を満たせば出ます。

補助金の条件に、全ての窓を交換する必要があるので、寝室だけでなく全ての内窓をペアガラスにすることにしました。

リビングなどの内窓もペアガラスになるので、室内は暖かくなることを期待しています。

それで、結果的に暖房費の節約につながればと。

内窓をペアガラスして、寝室に換気扇を付けて、結露が予防できればと思います。

追記:窓のリフォームをしました!

窓のリフォーム後に壁紙の張り替え

窓のリフォームをしました。

<関連記事>冬の結露対策で窓のリフォームをしました!ペアガラスで断熱効果アップ!

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-窓のリフォーム

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.