シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

台所のリフォーム

キッチンの問題を解決するため、キッチンのリフォームをするかも!

投稿日:2017年2月22日 更新日:

綺麗な浴室

きれいに使っているつもりですが、築25年目のマンションなので、いろんなところが痛んできています。

汚れがひどくどうしようもなかった浴室は、リフォームをしました。

水漏れで壊れてしまったトイレは、便器を交換し、一緒に壁紙と床を貼り替えました。

リビングダイニングは、絨毯があまりにも痛んでいたので、絨毯と壁紙は貼り替えました。

ガス給湯器も壊れて、お湯が出なくなったので交換しました。

さらに、昨年は、ガスコンロが壊れたので、交換もしました。

このように、痛んできたり、壊れたりしたタイミングで、リフォームや買い替えをしてきました。

毎年、どこかしら壊れたりしているような気がします(^^;;

築25年ですからね。

それでも、その都度、直しているので、比較的きれいな我が家です。

キッチンが傷んできた

傷んできた台所

今年になって、キッチンの不具合がいろいろと出てきました。

システムキッチンの引き出しが壊れそうになっています。

引き出しの底が抜けそうで、時間の問題です。

これはDIYができる方なら、簡単に直せると思います。

しかし、私は不器用なので、無理です(^^;;

ハサミで指を間違って切ってしまい、縫ったことがあります。

台所の壊れかけの蛍光灯

また、備え付けの蛍光灯も壊れそうです。

照明器具本体を交換して、配線工事が必要になると思います。

配線工事の知識も資格もないので、無理です。

キッチンの食器棚とスチールラック

システムキッチンの反対側も、「きれいにしたい!」とずっと思っています。

食器棚とスチールラックを置いています。

ゴチャゴチャしすぎです!

昨年、食器棚を買い換えようかなと、お店に行ったりして「どれがいいかな?」と検討しましたが、結局、断念しました。

断念した理由の一つに、キッチンの壁紙の汚れです。

食器棚など置いている物の大きさが変わると、これまで見えなかった壁紙の汚れが見えてしまいます。

これまで、ちゃんと壁紙をきれいに掃除してなかったからです。

台所の収納棚

キッチン奥の収納棚も、撤去したいです。

このマンションで暮らし始めた時、収納スペースが足りなかったので買ったものです。

収納スペースとしてはいいですが、見た目がイマイチ過ぎます。

このようにキッチンは、大きな問題はないけれど、小さな問題はたくさんあります。

キッチンの問題を根本的に解決するには

台所のリフォームを検討

キッチンの小さな問題を、一つ一つ解決していくのが、お金の面から考えると一番かもしれません。

でも、部分的にきれいになっても、キッチン全体が一つの空間としてはきれいになりません。

ツギハギだらけです。

ならば、根本的な解決策は、キッチン全体のリフォームしかありません。

しかし、リフォームとなると大掛かりで、多額なお金がかかってしまいます。

ネットで、キッチン全体をリフォームするとどれぐらいかかるか調べてみました。

写真付きの事例が紹介されていて、概算の金額も掲載されています。

リフォームの規模にもよりますが、だいたい100万円から150万円くらいでした。

グレードの高いものを使うと、さらに金額は増えてきます。

よくわからないときは、プロに聞くのが一番!

近所のリフォーム会社に、どれぐらいの費用がかかるのか聞いてきました。

さっそく、リフォーム会社へ行って聞いてきましたが、現地を見ないと何とも言えないとのこと。

キッチンのカタログをもらって帰って来ました。

カタログを見ると、素敵なキッチンがたくさん掲載されています。

でも、価格を見るとびっくりです。

さらに、工事費が加わるといくらになるのやらと心配になってきます。

値引きもあると思いますがね。

リフォーム会社へ要望を伝える

理想の台所

翌日、リフォーム会社の担当さんが家へ現地調査に来ました。

まずは、要望を聞かれたので、次のような要望を伝えました。

・できるだけ費用をかけたくないので、新しいガスコンロと食器洗い乾燥機はそのまま使いたい

・食器棚とスチールラックの部分を備え付けの収納にしたい

・費用面で無理かもしれないが、ダイニングとキッチンの壁をもう少し広く開けて、明るいキッチンにしたい

大まかな要望を伝えたあと、担当の方はキッチンの寸法を測りました。

寸法を測り終えて言われたのは、キッチンの間口が規格サイズではないので、特注にするの費用が余計にかかることです。

さらにシンクの下に配管スペースがあるので、キッチンは引き出しタイプのものではなく、開き戸になってしまう。

その他にも、何点か問題はありました。

全ては、キッチンのサイズとレイアウトが、このマンション用に設計されていることです。

なので、サイズぴったりにリフォームするとなると、規格品ではなく、特注品ばかりになってしまいます。

特注品になると、費用もかなりかかるとのことです。

それで、リフォーム会社の方は、規格品を使って工夫をして何とかできないか、検討すると。

しかし、私たちも、どこかで妥協をしなれけばなりません。

費用の上限がありますからね。

まとめ

キッチンをリフォームするかは、検討を始めたばかりです。

これまでお風呂のリフォームをしたことがありますが、それに比べてキッチンは選択肢が多すぎて、どうすればいいのか悩んでしまいます。

さらに、サイズ、配管スペースなどの制約も多いです。

もし、リフォームをするとなったら、当たり前ですが納得をしてやりたいです。

妥協ばかりで、希望が全然叶わないリフォームならやる意味がないですからね。

見積もりは、一社だけでなく、いつもお世話になっているリフォーム会社さんにも頼んでいます。

打ち合わせをしているうちに、私たち夫婦が希望しているキッチンに近づいていくのかな?

ちなみに、キッチンのリフォーム費用は車の売却代金を当てる予定です。

最後に、キッチンの壊れたり、痛んだ部分を自分で直すことができたら良かったのにと改めて思いました。

何せ、不器用なので(^^;;

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています!
正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-台所のリフォーム

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.