シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

収納用品

無印良品のデスク内整理トレーをプラダンシートでさらに使いやすく

【この記事をシェアする】

投稿日:

食器棚の無印良品のデスク内整理トレー

食器棚の引き出しにお箸、スプーン、フォークを収納しています。

引き出しにそのまま入れるのではなく、無印良品の「ポリプロピレン デスク内整理トレー」を使っています。

デスク内整理トレーでそれぞれが区分けされて、使い勝手もいいです。

見た目もシンプルで、綺麗に収納しています。

食器棚の引き出しの問題点

食器棚の「ポリプロピレンデスク内整理トレー」がずれていく

デスク内整理トレーを組み合わせると幅は、引き出しの横幅とはほぼ合っていますが、奥行きが全く合っていません。

そのため、引出しを開け閉めするたびに、だんだんとズレてきてしまいます。

ズレるたびに元に戻しますが、また、ズレてしまいます。

奥行きの余った部品にピッタリと合うサイズに収納グッズを入れれば良いのですが、そんな都合のいいものはありません。

困っているとRinさんの「Rinのシンプル生活」で引き出しの仕切りとしてプラダンシートが紹介されていました。

これは良いと思い、プラダンシートを購入してきました。

プラダンシートとは

プラダンシート

「プラダンシート」とは、プラスチックダンボールのことです。

引っ越しや内装工事なので、壁や床を傷つけないように養生するときに使われています。

ホームセンターで買ってきました。

91cm × 91cm のサイズで、値段は678円(税込)でした。

プラダンシートの構造

構造もダンボールみたいなものです。

プラダンシートは、カッターで簡単に切ることがてき、折り曲げたりして、引き出しの仕切りに加工ができます。

プラダンシートで引き出しの仕切りを作る

プラダンシートを加工する

引き出しの寸法を測って、プラダンシートをカッターで切ります。

横幅は引き出しの長さに、奥行きは仕切りの分を勘案して長めにカットします。

一枚で段違いの仕切りを作ろう思ったのですが、難しそうなので、分けて作りました。

仕切りになる部分にカッターで切れ目を入れるのですが、真っ直ぐにカットするのが難しい!

仕切り部分は、カッターを貫通させるのではなく、折り目つけられるように上半分だけ切ります。

プラダンシートの加工

そうすると綺麗に折り目が付き、仕切りになります。

この切れ目を付けるのが非常に難しかったです。

プラダンシートの表と裏のどちらにつけるの考えながら作業をしました。

ちょっとズレても、なんとか仕切りに加工することができました

まとめ

引き出しに加工したプラダンシートを入れる

引き出しに加工したプラダンシートを入れました。

横幅、奥行きともに寸法がギリギリです。

あと数ミリ小さかった方が良かったかも。

仕切り部分の高さは、ちょっと失敗です。

プラダンシートの厚みを計算してませんでした。

引き出し上部のストッパーに引っ掛かってしまいます。

普段、そこまで、引出しを開けることはないので問題はないです。

加工したプラダンシートの上に「ポリプロピレンデスク内整理トレー」を入れる

プラダンシートの上に「ポリプロピレンデスク内整理トレー」を置くと、ピッタリです。

引出しの開け閉めの際に、移動することはなくなりました。

奥のスペースにも、小物が置けるようになり便利になりました。

プラダンシートを使うことで、引き出しの使い勝手が向上しました。

今後は、プラダンシートの加工をもっと上手にできるようになりたいです。

そうすれば、使いやすい収納を作ることができるはずです。

目指せシンプルライフです!

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-収納用品

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.