シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

収納用品

無印良品の収納ケースにある書類を断捨離、書類は全捨てが基本!

【この記事をシェアする】

投稿日:

廊下収納に無印良品のポリプロピレン収納ケースに書類を収納

我が家の書類は、ほぼ全て廊下収納にある無印良品の収納ケースに収めています。

もともと、我が家の書類は、和室、リビング、書斎の収納にバラバラに置いていました。

それが、書斎の本棚とキャビネットを断捨離したことをキッカケに、廊下収納だけに書類を置くようにしました。

そのために、無印良品の収納ケースを新たに購入したりして、廊下収納の収納力をアップしたりしました。

その結果、家のあちこちにあった書類が廊下収納に集約されて、使い勝手は、かなり良くなりました。

でも、気になることが、出てきました。

それにしても、書類が多すぎる!

無印良品のポリプロピレンソフトフィルムクリアホルダーに収納した書類

これまで、家のあちこちにあったおかげで、書類の量の多さが、そんなに気になりませんでしたが、書類が廊下収納一箇所に集約されると、やはり書類の多さにビックリします。

廊下収納にある無印良品の収納グッズに、全て書類が入っているわけではありませんが、ほとんどが書類です。

もちろん、捨てられない重要な書類もありますが、中には、保存して置く必要はないかな?と言う書類もあります。

一気に、書類の片付け祭りをすれば、いいのかもしれませんが、今回は、ゆるりと断捨離をしていくことにします。

水道光熱費のお知らせを保管する必要性?

水道光熱費のお知らせ

水道光熱費のお知らせは、約一年分を保存しています。

家計管理を真剣に取り組んでいた時期には、捨てることなく何年分も保存して、さらに、エクセルにデータ入力してました。

前年とのデータと比較したりして、なぜ使用量が増えたのかなと考えたりして、使用量を減らそうと、いろいろと対策を立てたりしていましたよ。

その対策の成果もあり、そこそこ水道光熱費を節約することができました!

でも、水道光熱費の節約は、ある程度まで行くと、限度がありますよね。

そうなってくると、水道光熱費の節約をサボるようになったと言うか、現状維持でいいや!と思うようになり、水道光熱費のデータもエクセルに入力しなくなりました。

その後、水道光熱費のお知らせも、パッと見る程度で、すぐに仕舞うようになりました。

それから、こんまりさんこと、近藤麻理恵さんの書籍「人生がときめく片づけの魔法」を読んだ影響を受けて書類の断捨離を始めました。

そのときに、水道光熱費のお知らせは、保存期間を一年分だけにして、古い書類は、全て断捨離しました。

そして、今、水道光熱費のお知らせを改めて見直したことなんて、これまで、ほとんどないです。

つまり、水道光熱費のお知らせを過去一年分も保存する必要性はありません。

と、言うことで、水道光熱費のお知らせの書類は、全て断捨離することにします。

今、振り返ると、こんまりさんは、「書類は全捨てが基本」と書かれていたと思いますが、その通りになりました。

まとめ

空になった廊下収納にある無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」

水道光熱費のお知らせの書類を全て断捨離したことで、無印良品の「ポリプロピレン収納ケース」に一段空きができました。

引き出しがあるからと言って、全てを使う必要はありません。

収納スペースは、余裕がある方が見た目もキレイですし、使い勝手もいいはずです。

こんな風にして、ゆるりと書類の断捨離をしていきます。

目標は、こんまりさんが書かれていた「書類は全捨てが基本」です!

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-収納用品

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.