シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

雑貨・日用品・家電

無印良品の「そのまま洗える衣類ケース」は便利な旅行グッズです

投稿日:2016年11月5日 更新日:

松山城(愛媛県松山市)

二泊三日の四国旅行から戻ってきました。

今回の四国旅行では、高知城、宇和島城、大洲城、今治城、湯築城、松山城の合計6つのお城を巡ってきました。

6つのお城の中で、高知城、宇和島城、松山城は現存天守(全国にわずか12城しかありません)です。

やっぱり現存天守のお城は見応えがありますね。

ちなみに、上の写真は愛媛県松山市にある松山城です。

四国は、北海道と比べると当たり前ですが温暖で、旅行中は毎日が行楽日和でした。

夕方に、札幌に戻ってきましたが、薄っらと雪が積もっていました。

同じ日本なのに、地域によって本当に気候が違いますね。

無印良品のそのまま洗える衣類ケース

無印良品のそのまま洗える衣類ケース

さて、今回の四国旅行では、旅行中に洗濯をしなかったので、その代わりに無印良品の「そのまま洗える衣類ケース」を持って来ました。

この「そのまま洗える衣類ケース」を購入したのは、今回の旅行に備えて、この前の無印良品週間に買いました。

定価は1,500円(税込)ですが、10%OFFになる無印良品週間に購入したので1,350円(税込)でした。

商品説明には次のように書かれています。

洗濯ネットの素材を使用しました。旅から帰ってきて、収納した衣類をそのまま洗濯できます。

畳んでいる時の大きさは、約10cm × 15cm × 3cmなので、とってもコンパクトです。

もちろん、軽いです。

そのまま洗える衣類ケースを広げる

そのまま洗える衣類ケースを広げた時の大きさは、約26cm × 40cm × 6.5cmです。

旅行中に、洗濯物が出たら「そのまま洗える衣類ケース」を広げて、その中に洗濯物を入れていきます。

そのまま洗える衣類ケースの形が長方形なので、ビジネスバックやキャリーケースなどに入れるのは、ピッタリの形です。

そのまま洗える衣類ケースに洗濯物を入れる

そのまま洗える衣類ケースに厚みが出ないようにするには、もちろん、洗濯物を畳んで収納しないとダメですけどね。

そんなの気にしないのなら、そのまま洗える衣類ケースにバンバン洗濯物を収納すればいいと思います。

どのように収納するかは、性格によりますよね。

もちろん、私は几帳面に洗濯物を畳んで収納しました。

そのまま洗える衣類ケースは、そこそこ大きいので、今回の二泊三日分の洗濯物は余裕で収納できましたよ。

そして、洗濯をする時には、そのまま「そのまま洗える衣類ケース」をその名前の通り洗濯機に入れて、そのまま洗えます!

旅行から帰ってきたら、そのまま洗える衣類ケースを洗濯機に入れれば、とりあえず、洗濯物は片付きますね。

本当に便利です。

まとめ

無印良品の「そのまま洗える衣類ケース」は、旅行や出張によく行く方にはオススメのグッズです。

そのまま洗える衣類ケースは、すでに便利な旅行グッズとして評判ですもんね。

そのまま洗える衣類ケースを実際に使ってみて、本当に便利だと納得しました。

また、畳んだ時の状態がコンパクトなので使わない時の収納に場所をとりません。

次の旅行にも、忘れずに「そのまま洗える衣類ケース」を持っていかなきゃ!

関連記事無印良品の洗濯ネットは丸型で衣類がかたよりにくいです

関連記事無印良品の「撥水コットンショルダーバッグ」、収納力もあって使いやすいです!

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資、米国個別株)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-雑貨・日用品・家電

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.