シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

雑貨・日用品・家電

無印良品の横ブレしにくいフックでベルトをスッキリ片付けた

【この記事をシェアする】

投稿日:

書斎の「ポリプロピレン収納ケース引出式大」

こんばんは、プラムです。

書斎のクローゼットは、無印良品の「ポリプロピレン収納ケース引出式大」を使って、夫の服などが、キレイに収納されています。

収納力は抜群ですし、キャスターも付いているので掃除機をかけるときにも簡単に動かせるので便利です。

それに、無印良品の収納用品らしい、デザインもいいですよね。

無印良品の「ポリプロピレン収納ケース引出式大」は、夫もお気に入りに収納用品です。

ベルトの収納場所

書斎の無印良品のポリプロピレン収納ケース引出式大の上にあるベルト

書斎の机の引き出しにあるベルト

夫がいつも使っているベルトは、書斎の机の引き出しの中と、クローゼットの収納ケースの上に、丸めて片付けていました。

夫は、このベルトの置き方で、使い勝手も悪くないし、とりあえず満足していました。

私もアイロンをかけたワイシャツなどを片付ける時、ほんとキレイだなー、と感心していました。

洗濯物も、ちゃんと自分で畳んで、無印良品の収納ケースの中に、キレイに入っています。

でも、収納ケースの上に出しっぱなしなっているベルトがちょっと気になっているみたいでした。

夫は、基本的に収納用品の中にしまうのが好きで、外に出しっぱなしがキライなので。

あと、机の引き出しの中にベルトを入れているのも、イマイチみたいです。

ベルトが引き出しの場所を取って、かさばるので。

ベルトの収納場所を見直し

無印良品の「ステンレス 横ブレしにくいフック」

このベルトが外に出しっぱなしになっている状態を解決するため、無印良品の「ステンレス 横ブレしにくいフック」を買ってきました。

この「ステンレス 横ブレしにくいフック」は、れいさんのブログ「ゼロワン日記」で紹介されていて、とても便利そうだったので。

無印良品の「ステンレス 横ブレしにくいフック」

無印良品の「ステンレス 横ブレしにくいフック大」は2個入りで、価格は350円(税込)でした。

ちなみに、耐荷重は1kgで、大きさは約直径16mm×24mmです。

クローゼットのネクタイをかけているタオルハンガーに無印良品の「ステンレス 横ブレしにくいフック大」を取り付け

クローゼットの右側にタオルハンガーを利用したネクタイ掛けがあるので、そこに「横ブレしにくいフック」を取り付けました。

「横ブレしにくいフック」とタオルハンガーの棒の太さとピッタリです。

「横ブレしにくいフック」にベルトをかける

そして、「横ブレしにくいフック」にベルトをかけました。

ベルトを取るとき、名前の通り、フックが横ブレしなくていいです。

外に出しっぱなしになっていたベルトが、しっかり収納できました。

それと、夫は、たまにベルトをするのを忘れて、会社に着いてから、気づいたりしていたみたいだけど、ネクタイと一緒のところにあるので、ベルトを忘れることがなくなりそうです。

私は、朝は寝ぼけているので、夫がベルトをしてないとか、全く気づかないですからね。

まとめ

出しっぱなしになっていたベルトが、無印良品の「ステンレス 横ブレしにくいフック」とタオルハンガーを組み合わせて使うことで、クローゼット内にキレイに収納できました。

ベルトは、引き出しの中に収納するのではなく、吊るす方が便利でいいかも。

あと、吊るして収納すれば、かさばるベルトも場所を取らずにスマートに収納できますよね。

こんな感じで、書斎のクローゼットは、どんどん進化していきます。

私のクローゼットは、無印良品の収納を使っていないんですが、やっぱり、無印良品でクローゼットもまとめた方が、よりキレイになりそうです。

今のところは、収納に困っていないから、いいんですけどね。

夫のクローゼットは、もう断捨離するものが、無いように感じますが、私のクローゼットは、まだ、断捨離できそうです。

服の量も、かなり多いです。

それでも、何度も断捨離しているので、以前よりは、服は少なくなったんですけどね。

夫のキレイなクローゼットを見習って、私も、断捨離を頑張ろうと思います。

目指せ、シンプルライフです!

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-雑貨・日用品・家電

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.