シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

生活防衛資金

生活防衛資金を確保できたので、資産運用するための資金計画を立てた

投稿日:2017年4月18日 更新日:

木村剛さんの著「投資戦略の発想法」

安心して資産運用をするためには、生活防衛資金を準備すべきだと、木村剛さんの著「投資戦略の発想法」に書かれていました。

生活防衛資金とは、万が一のことがあっても安心して2年間暮らしていけるだけの資金のことです。

2年というのは目安で、人それぞれ違うと思います。

我が家では生活防衛資金として2年分の生活費を準備することを目標としていましたが、ようやく確保できました。

生活防衛資金の準備ができたので、資産運用を本格的にスタートすることにします。

関連記事生活防衛資金が確保できたので、資産運用を本格的に始めます!

現在、行っている資産運用

個人型確定拠出年金

現在、我が家で行っている資産運用は個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のみです。

夫婦でiDeCo(イデコ)をしていますが、どちらもSBI証券で行っています。

毎月の拠出金額は、23,000円です。

私は2010年3月からなので7年目になり、これまでのトータルリターンは約11%になります。

妻は2017年2月からなので、はじめたばかりです。

積立をしている投資信託は、インデックスファンドがメインです。

私のiDeCo(イデコ)では、次の投資信託を積み立てています。

・DCニッセイ外国株式インデックス    70%
・EXE-i 新興国株式ファンド      10%
・EXE-i グローバル中小型株式ファンド 20%

妻のiDeCo(イデコ)では、次の投資信託を積み立てています。

・iFree NYダウ・インデックス 100%

関連記事7年目の個人型確定拠出年金の運用状況、トータルリターンは11%!

資産運用を本格的にするための資金計画

資産運用をするにあたっての資金計画

資産運用を本格的にすると言っても、闇雲に始めるわけにはいきません。

まずは、資産運用をするための資金計画を立てる必要があります。

資金が有り余るほどあればいいのですが、限られているので。

生活防衛資金が確保できたので、これからは基本的に資産運用へお金を振り向けます。

2017年の年間貯蓄目標は250万円です。

年初の計画では貯蓄目標は200万円でしたが、車を手放したりして家計を見直したので上方修正しました。

関連記事家計を見直し年間貯蓄目標250万円、貯蓄率43%に!【年収600万円台の家計簿】

今回の資金計画では、余裕を見て200万円で計算をすることにします。

現在、夫婦でしている個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)は、もちろん継続します。

毎月23,000円×12ヶ月×二人分=552,000円

なので、iDeCo(イデコ)には年間552,000円の資金が必要です。

これから始めようとしている資産運用には、200万円からiDeCo(イデコ)資金を差し引いたものを向けることができます。

2,000,000円-552,000円=1,448,000円

よって、iDeCo(イデコ)以外の資産運用の資金は年間1,448,000円です。

SBI証券のNISA口座を優先的に使います。

約144万円を一括して投資をするよりも、時間分散のため毎月コツコツと投資をした方が私には向いています。

マーケットを見て、タイミング良く投資をする才能なんて私にはないので・・・。

毎月コツコツと投資をすると、一ヶ月あたりの投資資金は約12万円です。

もちろん、目安なので、二ヶ月分、三ヶ月分をまとめて投資していくかもしれません。

ガチガチなルールではなく、柔軟に運用してきます。

まとめ

米国会社四季報

資金計画を立てましたが、投資する対象は、まだ悩んでいます。

米国株か米国ETFかで。

個別株銘柄だったら、高配当株を中心に。

米国ETFだったら「S&P500 ETF」か「米国高配当株式ETF」を。

SBI証券のNISA口座なら海外ETFの買付手数料が無料なのが魅力です。

一方、SBI証券の米国株式の取引手数料は約定代金の0.45%(最低手数料5ドル)がかかります。

取引手数料を0.45%にするためには、1,111ドル以上の約定代金が必要です。

1ドル109円だとすると、日本円だと約121,111円以上になります。

ほぼ、予定している毎月の投資額と一致しました。

なので、米国の個別株銘柄でも手数料の問題は、ほぼありません。

毎月、違う個別株銘柄を購入していき、数ヶ月後に、再び同じ個別株銘柄を購入して積み立てていきます。

資金的にはETFの方がいいのかもしれませんが、個別株銘柄も魅力です。

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています!
正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-生活防衛資金

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.