シンプルライフ。充実生活。

無印良品の収納グッズで素敵な生活、断捨離・片づけ、正しい家計管理で年間200万円の貯金生活!

生活防衛資金

生活防衛資金はいくら準備すればいいのか、改めて考えてみた

この記事をシェアする

投稿日:2017年1月21日 更新日:

自動車ローンの繰り上げ返済を検討

先日、自動車ローンの繰り上げ返済をして完済すべきかどうか検討しました。

メリット、デメリットを比較した結果、金利負担分が軽減されるものの、その金額が少ないことに、がっかりしました。

繰り上げ返済の手数料として、70%しか戻ってこないことが大きいです。

また、自動車ローンを完済するには、まとまった金額70万円が必要です。

家計から一気にお金がなくなってしまうのは、ちょっと心配です。

では、いくら手許にお金があれば安心なのか?

安心できる金額、つまり「生活防衛資金」について、考えてみることにしました。

年間貯蓄目標
自動車ローンを繰上げ返済して完済を検討、メリットとデメリットは?

我が家の自動車は、スバル「レヴーグ」です。 ちょうど一年前に、新車を購入しました。 レヴーグは、とっても気に入っています。運転もしてい楽しいですし、アイサイトがあるので安全装備も充実しています。 しか ...

続きを見る

生活防衛資金とは?

木村剛さんの著「投資戦略の発想法」

生活防衛資金という言葉を知ったのは、木村剛さんの著「投資戦略の発想法」を読んだときなので、かなり以前です。

すでに、本は手放したので、図書館で借りてきました。

「生活防衛資金」について、本の中で次のようにかかれています。

いままでの生活水準を落とさず2年間暮らしていけるだけの資金を準備しておかなくてはならないのです。会社がつぶれても、ゆるがない安心感を確保するために、これは絶対に必要なおカネです。わたしは、この資金のことを「生活防衛資金」と呼んでいます。

さらに、生活防衛資金はどれぐらい必要なのか、次のようにかかれています。

できれば2年間、少なくとも1年間は暮らしていけるだけの資金
生活防衛資金の金額=毎月家計で支出している金額のだいたい2年間分

それでは、毎月家計で支出している生活費はいくらなのか?という疑問が湧いてきます。

生活水準を落とさず暮らすとなっているので、お金の使い方も同じようにするのいうことでしょう。

我が家の生活防衛資金はいくら?

林總著の「正しい家計管理」

昨年、12月から「正しい家計管理」をするために月々の予算を立てています。

その予算がそのまま使えそうです。

生活水準を落とさずとありますが、会社が潰れた時、さすがに旅行は行かないでしょうし、貯金も今まで通りはしないでしょう。

その分は差し引いて考えてもいいかなと。

そうすると、年間の予算は次のとおりになります。

項目 年間予算
管理不能支出 マンション管理費 438,000
電気・ガス代 165,600
通信費 147,600
ジム代 90,000
自動車ローン 194,400
固定資産税積立 114,000
管理可能支出 生活費 1,440,000
お小遣い 360,000
【支出計】 2,949,600

1年間分の生活費は、約300万円だとわかりました。

生活防衛資金は、2年間分の生活費が必要です。

よって、我が家の生活防衛資金は600万円となります。

我が家の生活防衛資金の状況

我が家の生活防衛資金の状況

「投資戦略の発想法」では、生活防衛資金はリスクのある投資に使ってはダメで、元本を失うことなく流動性を確保することが最重要なので、いつでも引き出せる銀行預金が望まれると、書かれています。

なので、我が家の生活防衛資金は、近所に支店がある銀行の普通預金で管理しています。

その金額は、約250万円です。

この金額だと、1年間分の生活防衛資金もありません。

全然足りていません。

あと、350万円もです。

この状況では、自動車ローンの繰り上げ返済なんて無理ですよね。

生活防衛資金が不足しているのに投資をしていいのか?

個人型確定拠出年金の積立

生活防衛資金が不足している状況で投資を、していいのか?という疑問も湧いてきます。

これも、人それぞれだと思います。

不安なら生活防衛資金がしっかりと貯まってから投資を始めればいいです。

一方、早めに投資を始めた方がいいと思うのなら生活防衛資金が貯まるまえに投資を始めてもいいかと。

我が家は、後者です。

生活防衛資金を貯まるのを待っていたら、投資を始めるのが、かなり遅くなってしまいます。

いつ投資を始めるかなんて、人それぞれだし、明確な基準なんてないのだから、投資を始めたいなと思った時が、投資の始めどきかなと勝手に思っています。

まとめ

生活防衛資金について、これまで、我が家では曖昧にしていましたが、明確に金額を設定しました。

生活費の2年分を準備する。

我が家の生活防衛資金は、600万円です。

残念ながら、我が家では、まだまだ準備ができていません。

新たな目標として、生活防衛資金をしっかりと準備することにします。

そのためにも、正しい家計管理を行い、貯蓄をしっかりしていくことです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事をシェアする

定期購読する


スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

正しい家計管理 1

どんぶり勘定だった家計管理から、純資産の増加を目指す「正しい家計管理」に改革中です。 キッカケは、林總さん著の「正しい家計管理」を読んだからです。 純資産を増加させるためには、家計管理をしっかりする必 ...

個人型確定拠出年金の運用状況 2

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のテレビCMで加藤綾子さん(フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー)が出演されていましたが、みなさんはご覧になりましたか? 私の周囲で、個人型確定拠出年金i ...

3

ゴチャゴチャしていたパソコン周りの配線を、先日、すっきりキレイに収納しました。 そうすると、なぜかしら別の場所の配線もキレイにしたくなってしまいます。 気になったのは、さらにゴチャゴチャしているテレビ ...

綺麗な浴室 4

我が家の水回りは、きれいな状態を保っています。 元々、きれいな状態だったわけではなく、長年の積み重なった汚れがこびりついたりしていました。 それを一箇所ずつ大掃除をしていき、きれいにしていきました。 ...

-生活防衛資金

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.