シンプルライフ。充実生活。

無印良品の収納グッズで素敵な生活、断捨離・片づけ、正しい家計管理で年間250万円の貯金

老後資金

老後資金には1億円が必要だと不安に思っていた私が安心した理由

【この記事をシェアする】

投稿日:2017年3月11日 更新日:

老後資金の1億円

「老後資金は1億円必要!」と言われると、みなさんどう思われるでしょうか?

私は1億円を貯めることなんて、絶対に無理だと思っていました。

1億円なんて、私には想像もつかない金額ですからね。

そのため、老後資金に対して不安がありました。

でも、今は老後資金に対するお金の不安はありません。

このまま家計管理を続けていけば、老後資金は準備できるという安心感があるからです。

安心感の理由は、自分で「ライフプラン」を作成したからです。

お金に対する不安の原因を考える

老後資金の準備

我が家の場合、一番の不安は「老後資金をいくら準備すればいいのか?」ということでした。

よくわからないので、雑誌やネットなどの情報から「老後資金は1億円必要」と想像していたと思います。

1億円なんて果てしなく遠い金額なので、そこで思考停止になっていました。

それに、年金がいくらもらえるのかも調べたこともなったです。

本当に年金は、貰えるのかなという不安だけはありました。

将来に対するお金の不安を取り除くためには、しっかりと調べればいのですが、調べることすらしなかったです。

老後資金の問題は間近に迫る危機ではなく、遠い将来のことですからね。

でも、何となく不安はずっと抱いていました。

「正しい家計管理」を実践して家計を黒字化

林總著の「正しい家計管理」

昨年の秋に、林總さん著「正しい家計管理」という本に出会いました。

この本を読んだのをきっかけに、我が家の家計は「どんぶり勘定」から「正しい家計管理」へ舵をきりました。

どんぶり勘定のとき、我が家の家計に予算はありませんでした。

予算がななかったので、行き当たりばったりにお金を使っていたと思います。

買い物にはクレジットカードを使っていたので、今月は支払いが多いなぁと思う程度です。

幸い、クレジットカードの支払いは一括払いにしていたのはよかったです。

もし、リボ払いやキャッシングをしていたら、どうなっていたのやら。

想像するだけでも恐ろしいです。

「正しい家計管理」を実践するようになって大きく変わったのは、予算の導入です。

年間予算を作成して、さらに月ごとの予算を決めました。

家計の予算を作成するのに役にたったのは家計簿アプリ「マネーフォワード」です。

どんぶり勘定のときにも、マネーフォワードで自動入力だけはしていました。

クレジットカードをマネーフォワードに登録するだけですけどね。

そのデータを使って予算を立てていきました。

そして、予算を守る仕組みとして「5週間割りテク」を取り入れました。

「5週間割りテク」とは、月の予算を5週分で割って、一週間ごとに管理する方法です。

正しい家計管理
家計の収支が黒字になったのは「5週間割りテク」を実践したからです

どんぶり勘定だった家計管理から、純資産の増加を目指す「正しい家計管理」に改革中です。 キッカケは、林總さん著の「正しい家計管理」を読んだからです。 純資産を増加させるためには、家計管理をしっかりする必 ...

続きを見る

そのお陰もあり、毎月の家計は黒字を維持しています。

さらに、家計の純資産(銀行預金などの資産からローンなどの負債を引いたもの)は、順調に毎月増えていってます。

このように、どんぶり勘定から正しい家計管理に生まれ変わりました。

正しい家計管理を実践した結果、2017年の貯蓄目標は年間250万円で、貯蓄率は43%です。

年間貯蓄目標
家計を見直し年間貯蓄目標250万円、貯蓄率43%に!【年収600万円台の家計簿】

今年の2月に車を手放しました。 車を手放したことで、家計の状況が大きく変わりました。 もちろん、良い方向にです。 車関係の年間支出(約77万円)がなくなるからです。 家計の状況が大きく変わったので、家 ...

続きを見る

老後資金として準備するべき金額を知るためライフプランを作成

ライフプランの作成

年間予算、月間予算を作成し、家計の黒字化を達成しました。

次は、将来の大きな不安要素である老後資金について調べることです。

準備する老後資金を知るためにはライフプランを作成すれば、だいたいの金額がわかることを知りました。

もらえる予定の年金額、退職金の額など、これまで知らなかったことを調べました。

面倒だから調べなかっただけで、調べてみれば簡単にわかるものです。

とりあえず、年金は現在の制度が維持していると仮定しています。

・私たち夫婦が貰える年金の額は、年間で267万円

・老後の生活を現在と同じ水準だとすると生活費は、年間で約350万円

・年金では不足する老後の生活費は、年間83万円

余裕を見て年金では不足する老後の生活費を年間90万円、退職後40年間生きたとすると

年金で不足する金額の累計は90万円×40年=3,600万円になります。

さらに、住宅の補修費やリフォーム代として800万円を準備することにします。

合計4,400万円になりますが、退職金1,500万円を考慮すると

我が家の老後資金の貯蓄目標は、60歳までに2,900万円です。

ライフプランを作成して求めた老後資金に準備すべき金額は、予想よりも少なくて驚きました。

老後資金の1億円というのは、年金がもらえないとした時の金額だと思います。

我が家の場合、老後の年間生活費が350万円だったので退職後30年生きたとすると、ちょうど生活費が約1億円になりました。

つまり、老後の生活費が約1億円ということですね。

60歳までに準備する金額2,900万円を、私が60歳になるまでの残り17年間で貯める必要があります。

現在の貯蓄額650万円を考慮すると、我が家では一年間に132万円を貯金していく必要があることがわかりました。

2017年の年間貯蓄目標が250万円なので、我が家の場合、老後資金は安心しでも大丈夫なはずです。

年間貯蓄目標
老後資金はいくら必要か?簡単なライフプランを作成しました!

我が家の2017年の年間貯蓄目標は、200万円です。 この金額は適当に「年間○○万円貯めよう!」と決めた金額ではありません。 林總さん著の「正しい家計管理」を読んだのをキッカケに、家計の予算を立てるこ ...

続きを見る

まとめ

家計管理をどんぶり勘定、老後資金について全くわからない状態だったので「老後資金1億円」に大きな不安を感じていたのだと思います。

書籍やネットでも老後資金や年金への不安感を抱かせるものが多いですしね。

その不安を解消するためには、自分で調べるしかありません。

現在は、正しい家計管理を実践して家計を黒字化し、ライフプランを作成して老後資金として準備すべき金額もわかりました。

そして、老後資金の準備は慌ててする必要はないので、家計予算の範囲内で暮らしていけばいいのです。

もちろん、無駄使いをせずに、適度な節約をしていく必要はあります。

人生、何があるかわかりませんからね。

追記

将来、もし年金支給額が半分になったと仮定したとき、私の老後資金は確保できるのか?試算してみました。

老後資金はいくら準備する必要があるのか?
将来、もし年金が半分になったら私の老後資金は大丈夫か?試算した

「老後資金はいくら準備する必要があるのか?」という疑問を解決するため、先日、簡単なライフプランを作成しました。 我が家の場合、60歳までに約2,900万円を準備すれば大丈夫という結論でした。 老後資金 ...

続きを見る

将来、年金が貰えないとしたら老後資金の確保は銀行貯金だけで大丈夫か、それとも資産運用が必要か?簡単にシミュレーションしてみました。

老後資金は大丈夫か!
将来、年金が貰えないとしたら老後資金の確保は銀行貯金だけで大丈夫か、それとも資産運用が必要か?

老後資金の最大の問題は、「年金は本当に貰えのだろうか?」です。 それによって将来のライフプランは、大きく変わります。 会社員の私は、毎月の給料で国民年金と厚生年金が天引きされています。 自分が支払った ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-老後資金

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.