シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間200万円の貯蓄目標

わが家の家計の格付けチェック

「正しい家計管理」を実践している我が家の家計を格付けチェック[2017年11月]

投稿日:

林總著の「正しい家計管理」

どんぶり勘定から自然と貯金ができる「正しい家計管理」を実践中の我が家です。月々の家計収支は、予算を組んで管理した結果、安定して黒字にすることができました。

11月の貯蓄率は56%です。

<関連記事>「正しい家計管理」を実践して貯蓄率56%を達成!家計簿公開(2017年11月)

また、プラスの資産からマイナスの資産を引いた「純資産」も着実に増えています。

<関連記事>「正しい家計管理」を実践して純資産を増やす!財産目録公開(2017年11月)

順調に「正しい家計管理」が実践できていると思いますが、客観的に見ることも必要です。そのために、11月分の「家計の格付けチェック」をすることにします。

我が家の家計を格付けチェック[2017年11月]

家計の格付けチェック(2017-10)

家計の格付けチェックをするためにこちらのサイトを参考にして行いました。

<参考>わが家の家計を格付けチェック 弱点を探せ(日経マネー 特集セレクト)

家計の格付けチェックをするために必要なデータ

まずは、家計の格付けチェックをするために必要なデータを準備します。家計簿を付けていれば簡単に揃えることができるデータです。

11月分の家計簿のデータを使用します。

<関連記事>「正しい家計管理」を実践して貯蓄率56%を達成!家計簿公開(2017年11月)

<関連記事>「正しい家計管理」を実践して純資産を増やす!財産目録公開(2017年11月)

① 今月の収入(世帯の月収から税金や社会保険料を引いたもの)
→ 35.9万円

② 今月の支出(住宅ローンの返済を含み、税金や社会保険料は除いたもの)
→ 14.6万円

③ 資産残高(自宅不動産は除く)
→ 1,156万円

④ ローン残高
→ 20.7万円(クレジットカード未払金)

⑤ 世帯人数(本人を含みます)
→ 2人

①から⑤のデータから次の計算をします。

A 資産残高とローンの割合
③資産残高 ÷(③資産残高+④ローン残高)
→ ③1,156万円 ÷(③1,156万円+④20.7万円)
→ 98.2%

B 月間収入と月間貯蓄の割合
(①今月の収入-②今月の支出)÷ ①今月の収入
→(①35.9万円-②14.6万円)÷ ①35.9万円
→ 59.3%

C 家族一人当たりの資産
③資産残高 ÷ ⑤世帯人数
→ ③1,156万円 ÷ ⑤2人
→ 578万円/人

これで、家計の格付けチェックをするための全てのデータが揃いました。

項目別の評価を確認

項目別にそれぞれ得点が割り振られています。0点から20点まであり、点数が高い方が高評価です。

点数配分は、こちらのサイトを参考にしてください。

<参考>わが家の家計を格付けチェック 弱点を探せ(日経マネー 特集セレクト)

A 家計安全度(資産残高とローンの割合を評価)
→ 20点
先月と変わらずで、満点です。

B 貯蓄パワー(月間収入と貯蓄の割合を評価)
→ 20点
先月と変わらずで、満点です。

③ スケールパワー(資産残高の絶対額を評価)
→ 15点
先月と変わらずです。

② コストダウン努力(月間支出の絶対額を評価)
→ 13点
先月より1点上がりました。

C リスク耐久性(一人当たりの資産残高の絶対額を評価)
→ 16点
先月と変わらずです。

最後に、総合得点を計算します。
20点+20点+15点+13点+16点

我が家の総合得点は、84点でした。

先月より1点上がりました。

総合得点から家計の格付けチェックすると、我が家の家計の格付けは「Aa3」でした。

格付けは、最高のAaa~最低のCccまであります。平均はBaa2で、それ以上が家計適格となっています。

家計のバランス

家計の格付けチェック(2017-11)

レーダーチャートで家計のバランスをチェックします。平均とは、大手企業労働組合の平均です。

全ての項目で平均以上でした。家計安全度と貯蓄パワーが満点なので、スケールパワー、コストダウン努力、リスク耐久性が我が家の弱点になります。

スケールパワーとリスク耐久性を上げるには、貯蓄額をさらに増やす必要があります。これは「正しい管理」を実践していけば、いずれ達成できるはずです。

一方、家計のコストダウンが厳しいです。節約・節約となると、毎日の生活がギスギスすると思います。無理のない範囲で節約を心がけたいです。

まとめ

家計の格付けチェックをすることで、客観的に家計を見ることができ、弱点がわかります。点数で表されるので、家計の改善ポイントがわかりやすいです。

このように家計管理にゲーム感覚を取り入れることで、家計管理もちょっと楽しくなります。

楽しんで家計管理をすることが、家計管理を続けるコツです!

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間200万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-わが家の家計の格付けチェック

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2018 All Rights Reserved.