シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

家計管理

2017年の貯蓄目標額200万円達成には特別支出の管理が重要です

投稿日:2017年1月6日 更新日:

林總著の「正しい家計管理」

どんぶり勘定から、お金のことを気にせず暮らすための「正しい家計管理」に改革中です。

林總さん著の書籍「正しい家計管理」に従って、家計管理をしています。

「正しい家計管理」では、予算が非常に重要です。

2017年の予算を決めましたが、2017年の貯蓄目標額を200万円を達成するためには特別支出が重要になってきます。

正しい家計管理
2017年の貯蓄目標額は200万円!【年収600万円台の家計簿】

どんぶり勘定から、自動的にお金が貯まる「正しい家計管理」に改革中です。 これまで、我が家の家計管理では「予算」が、ありませんでした。 家計簿アプリ「マネーフォワード」で自動的に記録する程度で、振り返る ...

続きを見る

特別支出とは

正しい家計管理の特別支出

家計管理と言えば、食費、日用品代、水道光熱費などを思い浮かべます。

これらは、毎月、決まって出ていく支出です。

一方、特別支出とは、毎月継続して支払うものではなく、1年のどこかで支払うものです。

例えば、固定資産税、家電製品・インテリア費、旅行費などです。

2016年の特別支出の額を調べてみると、その金額の多さにビックリしました。

約128万円もありました!

予備費から何となく支出すればいいという、金額ではありません。

2017年の特別支出の予算を立てていくと、総額は約82万円になりました。

「正しい家計管理」にも、「特別支出を絶対になめてはいけません」と書かれています。

ですので、特別支出も予算化して、月々の家計に組み込み、一定額をプールする必要があります。

しかし、月々の家計のプールだけは足りなくなるので、ボーナスを頼った予算になってしまいました。

ボーナスに頼らない予算を

ボーナスに頼らない予算を

家計簿を公開されている方のブログを読むと、貯蓄率が高い方はボーナスに頼らない予算を立てています。

貯蓄率とは、家計の可処分所得に対する貯蓄(可処分所得から最終消費支出を引いたもの)の割合のことです。

貯蓄率が高くなれば、2017年の貯蓄目標額200万円が達成できると思います。

そこで、我が家もボーナスにできるだけ頼らない予算にすることにしました。

まずは、月々の特別支出へのプールする金額を増額しました。

しかし、それだけでは足りません。

なので、自動車ローンと自動車保険の特別支出だけは、ボーナスから予算を出すことにします。

月々のプールだけでは足りないのでしょうがないです。

さらに、旅行費を特別支出から分けて、旅行積立をすることにしました。

これは、macchiさんのブログ「家族みんなが笑顔で貯金♪」の記事「わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています」を参考にさせて頂きました。

〈参考〉わが家の家計管理ルールまとめ。生活費・特別費・旅行積立の3つに分けて管理しています(『 家族みんなが笑顔で貯金♪』)

旅行積立とは

伊丹空港のANA B787

我が家は、旅行が大好きで2016年もいろいろな場所に行きました。

日本100名城を巡る旅行が多いです。

東北旅行(フェリー)、大阪旅行、根室旅行、東北旅行(北海道新幹線)、四国旅行です、さらに、温泉にも数多くいきました。

定山渓温泉の「ふる川」、洞爺湖温泉の「乃の風リゾート」、虎杖浜温泉の「ふる川」、登別温泉の「ゆもと登別」です。

2017年も、何回か旅行に行きたいと思っています。

まだ、行き先は決めていませんがね。

予算だけは決めていて、年間で約30万円です。

昨年冬のボーナスから12万円は準備しています。

残りの金額をどこから捻出するかが問題です。

まずは、月々の予算が黒字だった場合、その一部を旅行積立にします。

さらに、ボーナスも同様に黒字分の一部を旅行積立にすることにします。

どちらも、黒字分の全部ではなく一部なのは、貯蓄にも回す必要があるかからです。

2017円の貯蓄目標額は、200万円に設定しましたからね。

それでも、予算が足りない場合には、旅行の回数を減らしてもいいのかもしれません。

正しい家計管理
2017年の貯蓄目標額は200万円!【年収600万円台の家計簿】

どんぶり勘定から、自動的にお金が貯まる「正しい家計管理」に改革中です。 これまで、我が家の家計管理では「予算」が、ありませんでした。 家計簿アプリ「マネーフォワード」で自動的に記録する程度で、振り返る ...

続きを見る

まとめ

特別支出の予算をできるだけ、月々の家計に組み込み、一定額をプールすることにしました。

これで、ボーナスに頼らない家計にちょっとだけ近づくことができます。

究極の目標は、ボーナスに全く頼らいない家計です。

さらに、大好きな旅行に行くためも家計を黒字にすることが必要です。

黒字分が旅行積立に回るんですからね。

これで、支出を予算内に収めようという思いが強なるはずです。

そして、全てが予算内に収まれば、年間貯蓄額の200万円が達成が近づきます。

目指せ、年間貯蓄額の200万円です!

追記

年間貯蓄目標200万円を達成するため、車を保有しない生活を考えてみました。

年間貯蓄目標200万円を達成するため、車を保有しない生活を考える

2017年の貯蓄目標額を200万円に決めました。 適当に金額を決めたのではなく、2016年の実績から収入と支出を予測して、貯蓄できる額を計算しましたので、予算内に収まれば達成できるはずです。 予算内に ...

続きを見る

利用状況と保有コストを合理的に考えた結果、車を売却しました。

車を保有したらお金がかかる
車を売却しました!利用状況と保有コストを合理的に考えた結果です

車を手放すことを、先日、決断しました。 我が家が車を手放す理由は、二つです。 一つ目は、車を運転しなくなったからです。 昨年までは、ほぼ毎日、車を運転していましたが、転勤になり週末にしか運転しなくなり ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-家計管理

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.