シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

家計管理

2017年の貯蓄目標額は200万円!【年収600万円台の家計簿】

【この記事をシェアする】

投稿日:2017年1月3日 更新日:

林總著の「正しい家計管理」

どんぶり勘定から、自動的にお金が貯まる「正しい家計管理」に改革中です。

これまで、我が家の家計管理では「予算」が、ありませんでした。

家計簿アプリ「マネーフォワード」で自動的に記録する程度で、振り返ることはありませんでした。

予算がなければ、振り返りなんて、できないですよね。

林總さん著の書籍「正しい家計管理」に従って、一ヶ月前から予算を設定して、家計管理をしています。

スタートして1ヶ月しか経っていませんが、予算を設定することの効果は実感しています。

それで、2017年の予算を年末年始の休みの間に、ほぼ決定しました。

一緒に、2017年の目標貯蓄額も設定しました。

2016年の貯蓄額と貯蓄率は?

正しい家計管理

2017年の目標貯蓄額を設定する前に、2016年の貯蓄額を振り返ることにします。

しかし、どんぶり勘定だったので、正確な貯蓄額は、わかりません。

財形貯蓄と個人型確定拠出年金の積立額はわかりますが、それ以外は不明です。

それで、家計管理「マネーフォワード」の機能の資産推移で調べてみました。

具体的には、「2016年1月1日」と「2016年12月31日」の資産の差を貯蓄額にすることにしました。

この間、株価上昇、円安などにより投資信託の基準価額が上昇しているので、正確ではありませんが、目安としてです。

2016年の年間貯蓄額は、約152万円でした。

貯蓄率にすると、25%です。

家計貯蓄率とは、家計の可処分所得に対する貯蓄(可処分所得から最終消費支出を引いたもの)の割合のことです。

しっかりと家計管理をしてこなかったので、正確な数字がわからないのは、しょうがないです。

どんぶり勘定の家計管理をしていたことに反省です。

2017年の目標貯蓄額と貯蓄率は?

貯蓄額は?

2017年の目標貯蓄額は、しっかりと予想収入、予算、特別支出などから計算して設定しました。

これまでなら、何となく●●万円ぐらい貯蓄したい!と目標額を設定していたので大違いです。

2017年の目標貯蓄額は、2,008,000円です!

貯蓄率は、35%になります。

貯蓄額の内訳は、次のとおりです。

強制預金 毎月の預金 1,332,000
ボーナスの預金 340,000
【合計】 1,672,000
予算残高 毎月の残高 25,000
ボーナスの残高 265,000
特別支出の残高 46,000
【合計】 336,000
【2017年の貯蓄目標額】 2,008,000

毎月の強制預金とボーナスの強制預金は、文字通り強制預金なので、貯蓄することができます。

強制預金は、財形貯蓄、個人型確定拠出年金(SBI証券)、NISA(SBI証券)、銀行預金です。

一方、予算残高による貯蓄は、不確定要素が多すぎです。

支出が予算内に収まる必要があります。

さらに、家電製品などが壊れなくて、買い替えが発生しない必要があります。

あと、私が衝動買いで大きな買い物をしないことも^^;

これらが全てクリアできれば、目標貯蓄額の200万円を達成することができます!

まとめ

目標貯蓄額を設定したので、目標が達成できるように家計管理をしていきたいです。

そのためには、日々の買い物からしっかりと考えて、予算内収まるように買い物をする必要があります。

と、言ってもケチケチするのではなく、普通に買い物をしていれば予算内に収まると思います。

無駄遣いさえしなければ。

あとは、家電製品が壊れないことを祈るのみです。

昨年は、ガスコンロ、トイレの便座、食器洗い乾燥機が壊れたので。

目指せ、年間貯蓄額200万円です!

追記

年間貯蓄額200万円の達成にため、特別支出の管理方法を見直しました。

正しい家計管理
2017年の貯蓄目標額200万円達成には特別支出の管理が重要です

どんぶり勘定から、お金のことを気にせず暮らすための「正しい家計管理」に改革中です。 林總さん著の書籍「正しい家計管理」に従って、家計管理をしています。 「正しい家計管理」では、予算が非常に重要です。 ...

続きを見る

年間貯蓄目標200万円を達成するため、車を保有しない生活を考えてみました。

年間貯蓄目標200万円を達成するため、車を保有しない生活を考える

2017年の貯蓄目標額を200万円に決めました。 適当に金額を決めたのではなく、2016年の実績から収入と支出を予測して、貯蓄できる額を計算しましたので、予算内に収まれば達成できるはずです。 予算内に ...

続きを見る

利用状況と保有コストを合理的に考えた結果、車を売却しました。

車を保有したらお金がかかる
車を売却しました!利用状況と保有コストを合理的に考えた結果です

車を手放すことを、先日、決断しました。 我が家が車を手放す理由は、二つです。 一つ目は、車を運転しなくなったからです。 昨年までは、ほぼ毎日、車を運転していましたが、転勤になり週末にしか運転しなくなり ...

続きを見る

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-家計管理

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.