シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

家計管理

「正しい家計管理」をラクにするため銀行口座と証券口座の断捨離

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年12月15日 更新日:

林總著の「正しい家計管理」

どんぶり勘定の家計管理から「正しい家計管理」に改革中です。

正しい家計管理をするためには、まずは家計の実態を把握することが必要です。

そのために、財産目録を作成しました。

財産目録とは、家計の資産を調べて純資産を知るのが目的です。

純資産をプラスにして、月々、増やして行くことが、正しい家計管理の目的の一つです。

林總著の「正しい家計管理」
「正しい家計管理」実践、年収600万円台の財産目録公開(11月)

この季節になると、書店には家計簿コーナーができます。 毎年、来年そこはしっかり家計簿をつけなきゃと思いますが、思うだけで実践できていません。 そんな時、林總さん著の「正しい家計管理」という本に出会いま ...

続きを見る

財産目録の作成をして感じたこと

正しい家計管理を参考にした財産目録

財産目録を作成するため、銀行口座、証券口座を一つ一つ確認し、残高を確認していきます。

家計簿アプリのマネーフォワードに登録してある口座は、パッと調べることができるので簡単でした。

登録していない銀行口座は、通帳記帳をして調べました。

財産目録を作成して思ったのは、口座の数が多すぎです!

家計管理を簡単にするためにも、口座の断捨離をすることにしました。

保有している銀行口座とその目的

銀行通帳

保有いている銀行口座とその目的です。

三井住友銀行

私の給与振り込み口座として開設しました。

北洋銀行

妻の給与振り込み口座として開設しました。

北海道銀行

マンション管理費の引き落とし口座として指定されているので、口座を開設しました。

住信SBIネット銀行

かつてはハイブリッド預金の金利が高くて貯金用の口座として利用していました。

現在は、SBI証券への入出金口座です。

夫婦でそれぞれ口座があります。

ゆうちょ銀行

ネット収入の振り込み口座として開設しました。

夫婦でそれぞれ口座があります。

北海道労働金庫

財形貯蓄のための口座です。

楽天銀行

楽天証券の入出金用として口座を開設しました。

夫婦でそれぞれ口座があります。

じぶん銀行

私は、カブドットコム証券の入出金用として口座を開設しました。

妻は、auウォレットにじぶん銀行からチャージをするとお得なキャンペーンがあったので口座を開設しました。

夫婦でそれぞれ口座があります。

保有している証券口座とその目的

株式投資

保有いている証券口座とその目的です。

SBI証券

私は、個人型確定拠出年金とNISAの口座として利用しています。

妻は、来年から個人型確定拠出年金とNISAの口座として利用する予定です。

夫婦でそれぞれ口座があります。

楽天証券

夫婦とも、海外ETFと外国株式の売買をするために口座を開設しました。

夫婦でそれぞれ口座があります。

カブドットコム証券

「MAXIS トピックス上場投信」などのフリーETFを売買するために口座を開設しました。

松井証券

1日の株式取引約定代金が10万円以下なら手数料が無料なので、口座を開設しました。

ライブスター証券

株式取引手数料が最安レベルなので口座を開設しました。

ひふみ投信

ひふみ投信の積み立てをするために口座を開設しました。

銀行口座と証券口座を断捨離

銀行口座は12、証券口座は8、合計20もありました。

こんなに口座が増えた理由は、お得だから、手数料が安いからと、調子に乗って口座開設をしていったからです。

ネット銀行、ネット証券なら、手軽に口座開設ができますからね。

必要な銀行口座と証券口座を選び、不要な口座は断捨離することにします。

正しい家計管理では、入金専用口座と支払専用口座が必要です。

どちらの口座も振り込みをするので、一定条件を満たすと無料になる住信SBIネット銀行を選びました。

住信SBIネット銀行(夫)を入金専用口座、支払専用口座には住信SBIネット銀行(妻)にしました。

家計管理にわかりやすくするために引き落とし口座も、できるだけ統一することにしました。

今までが、バラバラで管理が大変でしたから。

引き落とし口座には、北海道銀行を選びました。

マンション管理費の引き落としに指定されていて変更ができないので。

その他に必要な銀行口座は、夫婦の給与振り込み口座、ネット収入の口座、財形貯蓄の口座です。

選ばれなかった3つの銀行口座は、断捨離することにしました。

これで銀行口座は、12から8になりました。

一方、証券口座はSBI証券だけを残すことにします。

私が個人型確定拠出年金とNISAで利用しているからです。

さらに来年からは妻もSBI証券で個人型確定拠出年金とNISAをします。

それ以外の口座は、断捨離することにしました。

ひふみ投信も、SBI証券でひふみプラスが購入できますしね。

これで証券口座は、8から2になりました。

正しい家計管理
「正しい家計管理」を実践、自然に黒字になるシステムを構築

どんぶり勘定だった家計管理から、将来への不安が消える自動的にお金が貯まる「正しい家計管理」に改革中です。 これまでは、予算設定がなく、記録しているだけの家計簿でした。 林總さん著の「正しい家計管理」を ...

続きを見る

まとめ

銀行口座と証券口座を断捨離した結果、口座数は20から10に半減しました。

口座解約の手続きは、ネット上で完結するものは楽でした。

一方、電話して書類を取り寄せ、電話で完結するものは、ちょっと面倒かも。

それでも、これから先の家計管理を考えると口座数は少ない方が管理は絶対に楽です。

口座数が減ったので、これからは「正しい家計管理」をさらに実践しやすくなったと思います。

目指せ正しい家計管理です!

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-家計管理

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.