シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

家計簿

「正しい家計管理」を実践、自然に黒字になるシステムを構築

【この記事をシェアする】

投稿日:

正しい家計管理

どんぶり勘定だった家計管理から、将来への不安が消える自動的にお金が貯まる「正しい家計管理」に改革中です。

これまでは、予算設定がなく、記録しているだけの家計簿でした。

林總さん著の「正しい家計管理」を参考に予算を設定して、家計簿も付け始めました。

予算があるので、記録だけでなく予算との比較もできるので、しかも手書きなのでいろいろと考えることができます。

この考えるというの作業が大事だと思います。

「正しい家計管理」の管理の手順

林總著の「正しい家計管理」

「正しい家計管理」には、お金の管理に手順がわかりやすく書かれています。

まず、給与振込口座とは別に銀行口座を2つ用意します。

「家計の入金専用口座」と「家計の支払専用口座」の2つの口座です。

入金専用口座の役割は、次の通りです。

・給与振込口座からお小遣いを差し引いた1ヶ月の全て収入を入金
・毎月自動的に強制預金を天引き積立
・1年間の特別支出をプール
・毎月引き落とされる固定費と毎月の管理可能支出(現金)を支払専用口座に入金

支払専用口座の役割は、次の通りです。

・家計の支出は、必ずこの口座を通します
・毎月の管理可能支出をおろし、費目ごとに財布と封筒にわけて管理する

口座を分けて管理する目的は次にように書かれています。

「使ってはいけないお金=入金専用口座」と「使ってもいいお金=支払専用口座」を明確に分けること。
「お金を使いにくくすること」

このお金を使いにくくすることで、家計が「自然に黒字になるシステム」が作れるそうです。

我が家の管理の手順を検討

北海道銀行

本来なら、「正しい家計管理」に書かれている通りにやるべきですが、ちょっと無理な部分もあります。

入金専用口座に強制預金を天引き積立することです。

財形貯蓄、個人型確定拠出年金、ひふみプラスを強制預金としています。

これらを変更するのは無理なので、入金専用口座では強制預金をしないことにしました。

財形貯蓄は北海道労働金庫、個人型確定拠出年金とひふみプラスはSBI証券で行っています。

また、支払専用口座も悩みました。

毎月引き落とされる固定費がバラバラだったので、手続きをして、できるだけ統一しました。

引落し口座を統一したのは、マンション管理費の引落し口座として指定されている口座です。

しかし、その銀行口座は時間外に引き出すと手数料が常にかかってしまいます。

なので、支払専用口座にすると、毎月の管理可能支出をおろすときに常に手数料がかかってしまいます。

また、振込手数料も無料ではありません。

一定条件を満たすと無料になりますが、条件を満たしていないので。

それで、支払専用口座は別の銀行にして、固定費が毎月引き落とされる口座には入金専用口座から直接、入金することにします。

我が家の管理の手順

正しい家計管理のお金の管理

入金専用口座、支払専用口座は、他の銀行口座に定期的に振込をします。

なので、振込手数料が無料の住信SBIネット銀行を選びました。

私の口座を入金専用口座に、妻の口座を支払専用口座にしました。

私達夫婦の住信SBIネット銀行の口座は、ATM利用手数料の無料料回数が月5回、他行への振込手数料の無料回数月3回です。

そのために、総預金の月末残高が1,000円以上、外貨預金(普通・定期)の月末残高あり、SBIハイブリッド預金の月末残高ありとしています。

外貨預金は、米ドルを1ドルだけですが。

また、住信SBIネット銀行には、目的別口座が作れます。

入金専用口座に、特別支出をプールする口座を作り管理することにしました。

正直、月末にお金を上の図のように移動させるのは、ちょっと面倒かもしれません。

でも、実際にお金を引き出すのは、支払専用口座から管理可能支出だけです。

その他は、パソコン上でお金を移動させることが可能なので、そんなに面倒じゃないかもしれませんね。

まとめ

「正しい家計管理」を参考に「自然に黒字になるシステム」を構築しました。

予算通りに家計管理をしていけば、どんぶり勘定から黒字の家計になるはずです。

銀行口座の管理方法は決定したので、次は管理可能支出をどうのように管理するかを考えます。

目指せ、正しい家計管理です!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-家計簿

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.