シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

家計簿

「正しい家計管理」を実践【2016年の特別支出実績表を公開】

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年12月3日 更新日:

林總著の「正しい家計管理」

どんぶり勘定だった我が家の家計管理を改革するため、作業を進めています。

きっかけは、林總さん著の「正しい家計管理」に出会ったからです。

本の帯には、次のように書いてあります。

家計の経営は一生の仕事です。絶対に倒産は許されません。

全くその通りです。

家計の経営を倒産させないためにも、正しい家計管理が必要になってきます。

そのために、家計管理を改革することを決断しました。

家計の実態を把握する

無印良品の「再生紙ノート・5mm方眼 B5・ダークグレー」

正しい家計管理に必要なのは、日々の小さなお金の動きではなく、大きな流れを掴むことが大事だと書かれています。

そのためには、使えるデータ作りが不可欠なのです。

データ作りには、2冊のノートを用意します。

ノートは、お気に入りの無印良品で購入しました。

方眼になっているので、金額を記入するのに便利ですよ。

1冊目は「財産目録」用、2冊めは「予算・収支」用です。

ノートに手書きで書き込んでいくので、数字が頭の中に入ってきます。

これが、パソコン入力との大きな違いだと思います。

正しい家計管理を参考にした財産目録

純資産の増減を把握するために、財産目録を作成しました。

月末ごとに財産目録を作成し、先月より1円でも純資産が増えているか確認します。

純資産が増えていけば、家計は破綻しないはずです。

正しい家計管理の年間収支実績表

予算を立てるとき、過去の実績が必要になるので、年間収支実績表を作成しました。

一年間の収支実績表を見ると、こんなにもお金を使っているのかと驚きました。

日々のお金の動きでは小さな金額ですが、年間にすると大きな金額になります。

この年間収支実績表を作るときにも、家計簿アプリ「マネーフォワード」がとても役立ちました。

特別支出実績表を作成

正しい家計管理の「2016年特別支出実績表」

年間収支実績表を作っていると、特別支出が多いことに気付かされます。

旅行、家電製品の買い替えなどで金額も、大きいものだらけです。

「正しい家計管理」でも、「特別支出を絶対になめてはいけません」と書かれています。

そのため「1年間の特別支出予測表」を作成することになっていますが、その予測表を作る準備として「2016年の特別支出実績表」を作成しました。

実績表に支出内容として、旅行の行き先を記入していくと、旅行のことを思い出しました。

今年一年の振り返りとしても、実績表は使えますね。

それにしても、今年は旅行へ行き過ぎました。

東北旅行(フェリー)、大阪旅行、根室旅行、東北旅行(北海道新幹線)、四国旅行と例年に比べても多かったです。

温泉にも数多くいきました。

定山渓温泉の「ふる川」、洞爺湖温泉の「乃の風リゾート」、虎杖浜温泉の「ふる川」、12月に行く予定の登別温泉の「ゆもと登別」です。

どれも楽しい思い出です。

2016年の特別支出実績表

支出内容 金額
1月 お年玉 13,000
定山渓温泉(ふる川) 26,000
火災保険(5年一括) 60,000
定期代 25,000
2月 ふるさと納税 30,000
洞爺湖温泉(乃の風) 34,000
3月 東北旅行(フェリー) 105,000
定期代 25,000
4月 大阪旅行 96,000
ANAカード年会費 19,000
ブログサーバー代等 5,000
5月 根室旅行 20,000
タイヤ交換 9,000
ガスコンロ買い換え 150,000
6月 ふるさと納税 25,000
7月 東北旅行(新幹線) 70,000
ノートPC購入 33,000
定期代 25,000
8月 液晶テレビ購入 155,000
虎杖浜温泉(ふる川) 49,000
シアターバー購入 32,000
9月 タブレット購入 22,000
便座交換 12,000
スマホMNP 26,000
10月 タイヤ交換 9,000
定期代 25,000
11月 四国旅行 51,000
年賀状購入・印刷 10,000
12月 登別温泉(ゆもと登別) 25,000
NHK料金(一括) 14,000
自動車保険(年払い) 88,000
2016年 【合計】 1,288,000

2016年は、特別支出に約130万円弱も使っていました。

特別支出は、なめてはいけませんね。

2016年は、行き当たりばったりに旅行計画を立てました。

来年は、しっかりと予定を立てて、旅行へ行くことにします。

2017年の特別支出予測表

2016年の特別支出実績表をベースに、来年の特別支出予測表を考えました。

正しい家計管理の2017年の特別支出予測表

2016年よりも大幅に支出額を削減しました。

約半分の63万円弱です。

家電製品の買い替えは基本的にないと予測、万が一、壊れた時は貯金から出します。

趣味の旅行は、少しだけ減らしました。

まとめ

「財産目録」、「1年間の収支実績表」、「1年間の特別支出予測表」が完成しました。

家計の全体像が把握できたら、次に1年間の収入予算・支出予算を立てていくことができます。

予算を立てるという作業が、この「正しい家計管理」ではもっとも大切にすべきところと書かれています。

家計の予算をこれまで立てたことがないので、しっかりと本を読み込んで、予算編成をしたいです。

【追記】

「財産目録」、「1年間の収支実績表」、「1年間の特別支出予測表」により家計の全体像を把握して、予算を立てました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-家計簿

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.