シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

和室

マンションで洗濯物を干すのは、どこがいいのか?我が家は和室です

【この記事をシェアする】

投稿日:2013年11月22日 更新日:

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの書籍「人生がときめく片づけの魔法」を読んで、我が家の片づけ祭りは始まりました。

あらゆるモノのときめきチェックをして、ときめくモノだけを残して、ときめかないモノは処分することで、家の中はスッキリ、きれいに!

しかし、どうしても片づけられない場所が、我が家には一箇所だけあります。

洗濯物を干している場所

それは、和室の洗濯物を干している場所です。

DSC_1990_081

物干しスタンドと物干し竿がずっと出しっぱなしになっています。

和室の反対側は、無印良品の「木製キャビネット」が置いてあってスッキリと片づいているので、対照的です。

2013.9.28 002

洗濯物を干さない時に物干しスタンドなどを片付けようとしても、大きすぎて片づけることはできません。

この状態を改善するために、和室以外の場所で洗濯物を干すことはできないのか、検討してみました。

ベランダに洗濯物を干す

a0002_011388

洗濯物をベランダに干すことができれば、全ては解決します。

しかし、北海道では冬に洗濯物を外のベランダに干すことはできません。

わたしは干したことはありませんが、洗濯物が凍ってしまうでしょうね。

それに、氷点下の中、ベランダに出て洗濯物を干すことなんて、寒すぎてできるわけもありません。

それなら、冬以外の季節だけでもベランダで洗濯物を干せばいいかもしれませんが、我が家ではそれも難しいです。

共働きなので干している時に雨が降ったら困りますし、高速道路が脇を走っているので洗濯物が汚れしてしまうかもしれません。

ドラム式洗濯乾燥機を利用する

DSC_2024_082

我が家の洗濯機は、ドラム式洗濯乾燥機なので乾燥することができます。

その乾燥機能を使えば、洗濯物を干す必要がなくなります。

何回か洗濯物を乾燥までしたことがありますが、乾いた時に衣類が縮んでいる感じがしてイマイチでした。

タオルはふんわりしていいんですけどね。

それに、電気代が余計にかかるのがネックです。

せっかくある乾燥機能は、シーツや毛布を洗った時に使っています。

もっと上手にドラム式洗濯乾燥機を使えば、衣類の縮みなどは解決するかもしれません。

洗面所に洗濯物を干す

DSC_2028_083

ドラム式洗濯乾燥機の上に突っ張り棒を取り付け、そこの洗濯物を干します。

スペース的にそんなに広くないので、たくさんの洗濯物は干せないかもしれません。

同じマンション内の知り合いでも数人がこの方法で洗濯物を干しています。

突っ張り棒の位置がどうしても高くなるので、洗濯物が干しにくくなるはずです。

それに、洗面所に洗濯物が干してあると、今度は洗面所がごちゃごちゃした感じになります。

お客様が来て手を洗う時に洗濯物が見えて、あんまり良くないですよね。

お風呂場に干す

DSC_2032_084

浴室乾燥機はありませんが、換気扇を回して洗濯物を干せば翌日には乾いてたと思います。

物干しポールが一本しかないので、たくさんの洗濯物が干せないのがネックです。

それに、洗濯物を干している時に当然ですがお風呂に入ることができません。

朝に洗濯物を干して、夜のお風呂の時間までに乾く必要があります。

浴室乾燥機があれば可能かもしれませんがね。

もし、洗濯物をお風呂場で干すようにするならば、物干しポールをもう一本増やして、浴室乾燥機を新たに設置した方が良さそうです。

でも、設置工事にお金もかかりますし、浴室乾燥機のランニングコストもかかってしまいます。

まとめ

いろいろと検討しましたが、現状の和室に洗濯物を干すのがベストではありませんが、ベターなのかなと思いました。

ドラム式洗濯乾燥機の乾燥機能を使った時のランニングコストは勉強してみたいです。

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-和室
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.