シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

リビング・ダイニング

リビングの片づけは、夫婦でしっかり話し合ってからすべきでした・・・

投稿日:2014年1月23日 更新日:

先日、リビングをスッキリさせるために片づけをしました。

片づけたモノは、パソコンデスクです。

DSC_2919

このパソコンデスク、元々は下の写真のようにデスクトップパソコンを置くために購入しました。

DSC_2526

しかし、リビングをスッキリさせるため、デスクトップパソコンを書斎へ移動したので、その代わりにノートパソコンの「MacBook air」を置くことになりました。

関連エントリ
リビングをスッキリするために、デスクトップパソコンを書斎に移動した

大きなデスクトップパソコンを置くために購入したパソコンデスクなので、コンパクトなノートパソコンを置くと机の上のスペースが余って大きすぎると、わたしは感じていました。

パソコンがコンパクトなモノに変わったのだから、パソコンデスクもコンパクトなモノにしたらいいのではと、わたしは勝手に思っていました。

わたしはノートパソコンをコタツに移動させて使うので、パソコンデスクは小さくても問題ないのです。

ただ、パソコンデスクは充電するための置き場所と割り切っていました。

関連エントリ
2014年、片づけをしてスッキリしたいモノ。リビングのパソコンデスクです!

新しいパソコンデスクに変えたら・・・

そして、新しいコンパクトなパソコンデスクとして無印良品で「コの字の家具」を購入しました。

DSC_3001

これで、リビングもスッキリして良かったと、わたしは自己満足に陥っていました。

コンパクトなノートパソコンの「MacBook air」にも、ピッタリだと。

しかし、妻はめちゃめちゃ不満を持っていたのです。

妻の不満とは・・・

妻は、前のパソコンデスクの方が大きくて、収納もあって、使いやすくて良かった、と。

リビングのパソコンデスクを大きなモノからコンパクトなモノに変えることについて、全てわたしだけの考えで推し進めてしまったのです。

コンパクトなパソコンデスクを購入するときも、妻は反対しましたが、わたしが強引に決めてしまいました。

妻はノートパソコンを使う時は、わたしと違い、そのままパソコンデスクで使います。

また、前のパソコンデスクは大きかったので、机の上で手帳を書いたりしていたようです。

便利に使っていたパソコンデスクを処分されて、妻にとってはコンパクト過ぎて使い勝手の悪いモノに強引に変えられたら、妻が怒って当然です。

それが、原因でちょっとした喧嘩がありました。

a0002_006972-11

ときめく空間を作るための片づけが、喧嘩の原因になるなんて、本末転倒です。

全て、わたしが強引に物事を推し進めたのが、悪いのです。

反省しました

a0002_006975-111

反省して、妻に謝りました。

リビングは夫婦の共有スペースなのだから、もっと夫婦で話し合ってから片づけを始めるべきでした。

妻にとっても使いやすいパソコンデスクにするために、ちょっと大きなパソコンデスクを新たに購入するかもしれません。

夫婦二人が、使いやすくて、居心地にいいリビングにするためです。

まとめ

片づけを始めると、モノを少なくして、スッキリさせることだけが目的になってしまいがちです。

片づけの本来の、目的を見失ってしまっていました。

まさに、こんまりさんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」に書かれていた、片づけに追われていたのかもしれません。

これからは、夫婦でしっかり話し合って片づけをしていき、本当のときめく空間を作りたいです!

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています!
正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-リビング・ダイニング
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.