シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

リビング・ダイニング

リビングの模様替え、家具を斜めに配置したら想像以上に広く感じます!

【この記事をシェアする】

投稿日:2017年8月7日 更新日:

我が家のリビング

我が家のリビングは、シンプルライフを目指しているので、物は少ないと思います。

以前は物がたくさんありましたが、多くの物を断捨離しました。ホームシアターセット、3人掛けソファ、飾り棚などなどです。

そして、現在のようにシンプルなリビングになりました。今ある大きな家具は、テレビ台、テーブル、ソファだけです。

リビングの問題点

リビングの問題点

断捨離をしてスッキリをしたリビングですが、問題点が三つあります。

・テレビとソファの距離が近くて、テレビが見にくい
・ソファの後ろが狭くて、ダイニングに行きにくい
・冬にコタツを出すと、ソファとコタツでリビング狭く感じる

どれもソファが関係する問題です。リビングからソファを断捨離すれば、三つの問題が一気に解決します。

しかし、我が家のリビングにはソファが必要です。

リビングの模様替え

模様替え後のリビング

リビングを広く使うにはどうすればいいかと、考えているとアイデアが浮かびました。

これまでは、壁に平行に家具を配置していました。発想を変えて、斜めに家具を配置するのです。

さっそく、リビングの模様替えをしました。

家具の移動に時間がかかるかなと思いましたが、すぐに終わりました。動かした家具は、テレビ台、テーブル、ソファだけですからね。テレビ台もテレビなどの配線を付けたまま移動できました。

模様替え後のリビング

予想以上に、リビングが広くなったように感じます。

家具の配置を代えるだけで、こんにも変わるとは驚きです。

ソファに座ってみると、リビングの雰囲気が変わって、ちょっと落ち着かないです。壁と平行ではなく、斜めに置いているのも落ち着かない理由の一つかもしれません。

斜めに家具を配置したことにより、リビングの問題点が全て解決しています。

・テレビとソファの距離は、ちょうど良くなり、テレビが見やすくなりました。
・ダイニングへの動線も広くなりました。
・コタツを出しても、テレビとソファの間隔が広いので問題はなさそうです。

液晶テレビ裏のデッドスペース

一方で、気になる点も。

・やはり家具を斜めに配置しているので、ちょっと落ち着かないです。
・テレビ台を斜めに置いているので、角の部分にデッドスペースがあります。

家具の配置で落ち着かないのは、そのうち慣れると思います。

どうしても、慣れなかったら、元に戻せば良いことです。何事も、やってみることが大事!

テレビ台の後ろのデッドスペースは何とかしたいです。テレビ台をコナー用テレビボードか、壁寄せのテレビスタンドに買い換えれば解決すると思います。

でも、そのままでもいいような気も。しばらく考えてみたいと思います。

まとめ

リビングを模様替えして、家具の配置を斜めにしただけですが、想像以上に広く感じます。

ちょっとしたリビングの問題点も解決しました。

簡単に模様替えができたのも、物が少ないからだと思います。

これらも、物を増やさないように、シンプルライフを目指したいです。

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-リビング・ダイニング

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.