シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

こんまりさん流お片づけ

靴下がこんまりさん流のたたみ方でスッキリ片付いた

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年8月9日 更新日:

「ポリプロピレン 収納ケース・引出式・大」

おはようございます、プラムです。

いつも書いている通り、夫は断捨離魔で、片付け上手です。

夫の衣類はすでに断捨離をしているので枚数も最低限で、さらに自分でたたんで、無印良品の収納ケースにキレイに整理整頓されています。

断捨離夫は、衣類のたたみ方まで、基本的に「こんまりさん流」です。

断捨離できない私の靴下の収納状況

衣類の収納タンス

私の衣類はというと、夫に強制されてかなり断捨離して、少なくなり、新しい服も最近買ってないので、まぁ、タンスに一応は納まってます。

ただ、私は靴下が断捨離できないんです。

冷え性なので、夏でも常に靴下を履いていて、外で履いた靴下は家で別の靴下に履き替えます。

たくさん靴下があるのに、夏はまだ良いとして、秋冬になると、私の靴下では足元が寒くなるので、夫からもらったメンズのものを履いていることも。

なので、引き出しの中は、靴下がビッチリです。

断捨離できない靴下

前に、夫に「こんまりさんの本に、靴下を丸めてたたむと、運が逃げる」って書いてあったと言われました。

それで、靴下を丸めてたたまいで、そのままにして引き出しに片付けていたことがありました。

そしたら、靴下が膨張して、引き出しからあふれそうになり、更に靴下バラバラ事件までありました。

それを、夫に言うと、「運が逃げる」というのは冗談だったとか、ツラっと言いやがりました。

なので、今は、写真のように靴下を丸めてたたんであるので、量は凄いのですが、まだ見られる状態です。

ただ、靴下をこのように丸めると、ゴムが傷むらしいです。

こんまりさん流の正しい靴下のたたみ方

こんまりさん流の靴下の正しいたたみ方に、挑戦してみました。

1.靴下の足裏全体が平面になるようにして、靴下を重ねます。

1.靴下の足裏全体が平らになるようにして、左右の靴下を重ねます。

2.つま先側をゴム口側に、三つ折にするように畳みます。

2.つま先側をゴム口側に、三つ折にするようにたたみます。

3.三つ折に折り曲げた箇所を、半分に畳みます。

3.三つ折に折り曲げた箇所をさらに、半分にたたみます。

4.ゴム口側を、三つ折で重ねて折った上に被せて完成です。

4.ゴム口側を、三つ折で重ねて折った上に被せて完成です。

靴下が一人で立つことが大事

大事なのは、このように靴下が一人で立つことです。

こんまりさん流でキレイにたたんだ靴下を収納

キレイにたたんだ靴下を収納

なんということでしょう!

とってもキレイに靴下が収まり、見栄えがとても良くなりました。

ビッチリだった収納場所にも、スペースができました。

これで、誰が見ても大丈夫です。

これからも、この「こんまりさん流のたたみ方」で、断捨離できない靴下を、キレイにたたんでいこうと思います。

まとめ

断捨離できなくても、靴下のたたみ方を変えるだけで、こんなにも収納の見た目が変わるもんなんですね。

それに、靴下を立てて収納しているので、どこにどの靴下があるのかが、ひと目でわかります。

この状態を維持できるようにしたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-こんまりさん流お片づけ

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.