シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

こんまりさん流お片づけ

「10日間頑張る」と新しい習慣になる!こんまりさんの「毎日がときめく片づけの魔法」を実践

【この記事をシェアする】

投稿日:2014年1月24日 更新日:

DSC_2872

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」には、毎日がときめく「ちょっとしたこと」というものが書かれています。

毎日がときめくための「ちょっとしたこと」としたことも、一回こっきりではなく、継続してやる、つまり習慣にしなければなりません。

そのために、こんまりさんは「10日間頑張る」と新しい習慣になる、と書かれています。

つまり、10日間、新たにスタートする「ちょっとしたこと」を頑張ってすれば、それが新しい習慣になるのです。

毎日がときめくための「ちょっとしたこと」

わたしは、毎日がときめくための「ちょっとしたこと」を二つスタートしています。

一つは、玄関の三和土(タタキ)は毎日拭くことです。

DSC_3017

玄関の三和土(タタキ)を拭くことは、1月20日にスタートしたので、4日間続いています。

関連エントリ
こんまりさんの「毎日がときめく片づけの魔法」を実践。玄関の三和土(タタキ)は毎日拭く!

もう一つは、靴の裏をマメに拭くことです。

DSC_3024

靴の裏をマメに拭くことは、1月22日にスタートしたので、2日間続いています。

関連エントリ
こんまりさんの「毎日がときめく片づけの魔法」を実践。靴の裏をマメに拭く!

どちらも、スタートしてから毎日欠かさずやっています!

そもそも、やる前は面倒だと正直思っていました。

玄関のタタキを拭いたり、靴の裏を拭くのは、想像すると面倒ですもんね。

しかし、実際に体を動かしてやってみると意外と面倒ではないのです。

たった、数分の作業です。

玄関のタタキと靴の裏を拭くのは、同じ玄関なので、一緒にやっています。

拭く時間は、寝る前の30分ぐらい前です。

DSC_3019

ぞうきんで拭いていると何となく心が落ち着き、いい睡眠が取れそうな気持ちになります。

また、キレイになった玄関のタタキと、靴の裏を見るとうれしいです。

キレイな状態を継続したいと思うようになりました。

こんまりさんが本書でも次のように書かれています。

新しいことを定着させるときに必要なのは、究極の心地よさを味わうこと。

そう思うようになると、面倒だなぁとか、イヤだなぁと思わなくなります。

わたしの場合は、二日目ぐらいまではちょっと面倒でした。

三日目からは、違和感なく日常の一部としてスムーズに拭くことができています。

習慣に近づいていっているのだと思います。

まとめ

習慣にするためには、「ちょっとしたこと」をイヤイヤやっていたら、絶対に習慣になるはずがありません。

毎日がときめくための「ちょっとしたこと」としたことが、毎日がイライラするための「ちょっとしたこと」になってしまいます。

そうならないためにも、究極の心地よさを味わうことが大事ですよね。

そのためにも、まずは行動することが一番大事です。

行動をしなければ、何もスタートしませんからね。

関連エントリ
こんまりさんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」を購入。片づけに追われていませんか?
こんまりさんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」を読み終わりました。ときめく毎日を目指します!

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-こんまりさん流お片づけ
-,

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.