シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

こんまりさん流お片づけ

靴の裏をマメに拭く!こんまりさんの「毎日がときめく片づけの魔法」を実践

投稿日:2014年1月22日 更新日:

DSC_2872

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」には、毎日がときめく「ちょっとしたこと」というものが書かれています。

「ちょっとしたこと」として、1月20日から玄関の三和土(タタキ)をぞうきんで拭くことを実践しています。

これで、毎日がときめく暮らしになるなら、いいですよね。

DSC_3017

今のところ、毎日欠かさず玄関のタタキを拭いています。

玄関のタタキを拭いて、キレイになったときの爽快感はいいですよね^^

関連エントリ
こんまりさんの「毎日がときめく片づけの魔法」を実践。玄関の三和土(タタキ)は毎日拭く!

靴の裏をなぜ拭くのか?

さらに、今日(1月22日)からは毎日がときめく「ちょっとしたこと」として、靴の裏を拭くことをスタートします。

DSC_3019

靴の裏なんて正直、普段は拭いたことはありません。

靴の裏を拭くのは、季節の変わり目の夏靴と冬靴を入れ替えるときぐらいです。

汚れたままの状態で、靴の箱に収納するのは気が引けますからね。

靴の箱に収納するまでは、逆に考えると靴が汚れていたということです。

こんまりさんも、靴自体が、なんとなく「汚れモノ」扱いされている。と書かれています。

靴は「キレイなモノ」か、「汚れモノ」かと問われれば、わたしも間違いなく「汚れモノ」と答えるはずです。

毎日、靴を履いて出かけていくと、汚れていくのは当たり前ですよね。

汚れればキレイにすればいいですが、やっても靴の表面だけです。

出かける際に着ていった服や靴下はちゃんと洗濯をして、全てをキレイにするのに。

服の表面だけ、靴下の片方だけ、を洗濯したりしませんよね。

こんまりさんは、靴の表面と靴底について、次のように書かれています。

表面はわりと嬉々として磨いてもらえて、磨き上がったあとはホレボレと眺められたりするのに、底にはそんな機会はめったにありません。
本当の意味で身をすり減らしてい汚れを引き受けているのは靴の底なのに、なんと非常なことなんでしょう。
つまり、いたわるべきなのは靴の表面より、ますは裏。そう、靴底です。

まさに、その通りですよね。

靴の裏の方が働いているのに、拭いてあげないのはかわいそうです。

と、言うことで、靴の裏を拭くことにしました。

靴の裏を実際に拭いてみる

DSC_3024

ぞうきんで拭きましたが、あっという間に終わります。

玄関の三和土(タタキ)に比べたら、圧倒的に面積は小さいですからね。

拍子抜けするぐらい簡単なことです。

こんまりさんは靴への感謝の言葉を言って靴の裏を拭いているので、わたしもマネしました。

靴への感謝の気持ちを持つと、愛着も湧きますし、大事にしようと思いますよね。

DSC_3025

靴の裏がキレイになると、清々しい気持ちになりました。

キレイな靴を履くと、何かいいことがありそうな気がします。

まとめ

「よい靴はよいところに連れていってくれる」という言葉があるようです。

そのためにも、靴の表面だけでなく裏もマメに拭くことにします。

マメに拭くいうだけなら、曖昧なので、毎日拭くことに決めました。

玄関の三和土(タタキ)と靴の裏を一緒に拭けば、効率的に作業ができるはずです。

キレイな玄関、キレイな靴、毎日がときめく暮らしになりそうですよね^^

関連エントリ
こんまりさんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」を購入。片づけに追われていませんか?
こんまりさんの新刊「毎日がときめく片づけの魔法」を読み終わりました。ときめく毎日を目指します!

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています!
正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-こんまりさん流お片づけ
-,

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.