シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

こんまりさん流お片づけ

「人生がときめく片づけの魔法」を実践(本類の片づけ祭り(二回目))劇的に本が減りました!

投稿日:2013年11月9日 更新日:

こんまりさんこと近藤麻理恵さんの書籍「人生がときめく片づけの魔法」を読んで、我が家の片づけ祭りはスタートしました。

数週間かけて家中の片づけ祭りは一通り終わり、スッキリ片づいて、とても快適です!

本類の片づけ祭りは一度していますが、今回は本類の二回目の片づけ祭りをすることにしました。

本類の片づけ祭り!「人生がときめく片づけの魔法」を実践

9月27日に放送された、こんまりさんこと近藤 麻理恵さんがモデルのドラマ「人生がときめく片づけの魔法」の影響を受けて、我が家では時間があるときに片づけ祭りを開催しています。 関連エントリ ドラマ「人生 ...

続きを見る

本類の二回目の片づけ祭りをする理由

もう一度、本類の片づけ祭りをしようと思ったきっかけは、Amazonマーケットプレイスに本を出品したからです。

Amazonマーケットプレイスに初めて出品した本が、意外にもすぐに売れました。

しかも、けっこうなお値段で。

ブックオフの買取価格とは比べもにならないぐらいです。

これに気を良くして、これまで躊躇していた本も一気に出品しました。

これまで9冊の本を出品して、8冊の本が売れています。

Amazonマーケットプレイスに本を出品して、ようやく気づきました。

それは、ときめきチェックで、ときめかないにもかかわらず、もったいないという気持ちから、本を捨てられなかったということです。

そのことに気づいたので、二回目の本類の片づけ祭りをすることしました。

片づけ祭り前の本棚

DSC_1943_041

DSC_1946_043

一度、片づけ祭りをしているので、本棚には若干の余裕があります。

半分以上がマンガですよね。

「悪女(わる)」と「花より男子」は、妻が大好きな作品です。

「めぞん一刻」は、わたしが大好きな作品です。

「ときめきチェック」をするために全ての本を本棚から出す

DSC_1956_044

二回目の片づけ祭りだから、「面倒だし、本棚から出さなくてもいいかな?」と一瞬思いました。

しかし、基本を忠実に守って、全ての本を床に並べました。

一冊ずつ手にとって、ときめきチェックをしていきます。

マンガは全てときめきましたが、小説と投資関連の本で一回目のときめきチェックと違う結果になりました。

何となく手元に置いておきたい、ちょっと高い本だからもったいない、などの理由で残していた本が多々ありました。

この気持は、「ときめき」ではないですよね。

置いていても、読み返すことも一度もなかったです。

DSC_1959_045

これらの本は、今回のときめきチェックでは、ときめかない本として、処分することにしました。

ブックオフに持っていくか、インターネット買取を利用しようと考えています。

Amazonマーケットプレイスに出品するには、売値が安すぎて、元がほとんど取れない本ばかりなので。

ときめいた本を本棚に戻す

DSC_1962_046

DSC_1963_047

本棚の本が劇的に減りました!

2段の棚が空っぽです。

棚を一段とってもいいくらいです。

開いているスペースには、アルバムを収納しようかなと、考えています。

まとめ

今回の片づけ祭りで、現在のわたしにとって、本当に「ときめく本」、つまり必要な本がわかりました。

必要な本は、その時々で変わってくるので、本については定期的に片づけ祭りをすることします。

最近、わたしが購入した本は、全てKindle版です。

電子書籍は本棚に本が増えなくていいですし、何よりも持ち運びが便利なのがいいですね。

全ての本が電子書籍版で販売されるとすごく便利になるはずです。

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています!
正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-こんまりさん流お片づけ
-,

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.