シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

こんまりさん流お片づけ

「人生がときめく片づけの魔法」のビフォーアフター(食器棚編)

【この記事をシェアする】

投稿日:2013年10月30日 更新日:

我が家の片づけは、2013年6月に竹内清文さん著の「8割捨てれば うまくいく! 人生を変えるガラクタ整理法」を読んだことによりスタートしました。

ガラクタ整理を実践し、ガラクタ整理がちょうど終わった頃(9月末)にこんまりさんこと近藤麻理恵さんがモデルのドラマを見たことにより、こんまりさんの片づけ術を知りました。

そして、こんまりさんの書籍「人生がときめく片づけの魔法」を読んで、スタートした片づけ祭りもほぼ終わりましたので、各部屋の片づけ前と片づけ後を紹介することにします。

関連エントリ
「人生がときめく片づけの魔法」のビフォーアフター(書斎編)
「人生がときめく片づけの魔法」のビフォーアフター(リビング編)
「人生がときめく片づけの魔法」のビフォーアフター(押し入れ編)
「人生がときめく片づけの魔法」のビフォーアフター(和室編)

今回は、「人生がときめく片づけの魔法」のビフォーアフター(食器棚編)です。

食器棚のビフォー

2013-07-13 18.39.15

2013-07-13 18.39.20

食器棚の5段の棚には、お皿やカップなどがギッシリと詰まっています。

奥の方に置いてある食器を取り出すには大変そうですが、実際は奥にある食器を取り出すことなんて滅多にないんですよね。

普段の食事では、使いやす同じ食器を選んでしまうので、そういう食器は取り出しやすい場所に置いています。

つまり、奥にある食器は使わない食器ということです。

また、最上段には、プレゼントされたオシャレなコーヒーカップやティーカップがあります。

でも、我が家では夫婦ともコーヒーを飲むとき、コーヒーカップではなくマグカップに入れて飲みます。

マグカップにコーヒーを入れて、ミルクをたっぷり入れて飲むのが好きなんですよね。

だから、コーヒーカップを使うことなんて滅多になかったです。

このように、いつも使う食器と、ほとんど使わない食器が、あるのはだいたい把握していました。

使わないからと言って、食器を処分するなんて、この時は考えもしなかったです。

食器を処分するのは、割れたたり欠けたときぐらいだと思っていたので。

しかし、竹内清文さん著の「8割捨てれば うまくいく! 人生を変えるガラクタ整理法」とこんまりさんこと近藤麻理恵著の「人生がときめく片づけの魔法」を読んだことにより、モノが捨てられるようになりました。

ときめきチェックで、ときめく食器だけを残して、ときめかなかった食器は「ありがとう」と言って処分しました。

こんまりさんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んで、モノを捨てられるようになりました

我が家は夫婦二人共きれい好きで、散らかすこともなかったので、各部屋はそれなりに片づいていました。 ただし、今振り返るとモノは多かったと思います。 その多いモノを、普段目線から見えないように、収納スペー ...

続きを見る

食器棚のアフター

2013108-1 023

2013108-1 025

ビフォーの写真と比べると、食器の数が大幅に減っています。
半分以下の数になったかもしれません。

食器棚もスペース的にゆとりができて、取り出しやすくなり、使い勝手もかなり向上しました。

ゆとりのある空間というのは、何となくいいですよね^^

以前のギュウギュウに詰まった状態は、見ていると、何となく落ち着かない感じがしていました。

食器の数は大幅に減りましたが、減ったからといって、これまで一度も困ったことは全くありません。

いつも使う食器は、決まってますからね。

まとめ

食器の数が大幅に減ったので、食器棚に買い換えることができたらなぁと妄想しています。

電子レンジ、電気炊飯器、コーヒーメーカーを置くスペースがある食器棚にすれば、台所が劇的に変化するはずです。

そうすると、使い勝手も大幅に向上するのになぁ。

この計画は、じっくりと考えたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-こんまりさん流お片づけ
-, ,

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.