シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

こんまりさん流お片づけ

食器の片づけ祭り!「人生がときめく片づけの魔法」を実践

【この記事をシェアする】

投稿日:2013年10月11日 更新日:

9月27日に放送された、こんまりさんこと近藤 麻理恵さんがモデルのドラマ「人生がときめく片づけの魔法」を見て以来、我が家では時間があるときに片づけ祭りを開催しています。

ドラマだけではわからなかった片づけ方法については、書籍「人生がときめく片づけの魔法」を読んで勉強しました。

それによると、片づけの基本の順番は、衣類、本類、書類、小物類、思い出の品、にするのがベストだそうです。

この順番に従って我が家では片づけ祭りをして、小物類までたどり着きました。

関連エントリ
ドラマ「人生がときめく片づけの魔法」を見て、さっそく実践
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(衣類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(妻の衣類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(本類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(書類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(機械類の片づけ祭り)

今回は、小物類の中の食器の片づけ祭りをすることにしました。

片づけ祭り前の食器棚の状態

2013108-1 015

2013108-1 017

7月にガラクタ整理で食器棚を整理しているので、そんなにギッシリと食器が詰まっているように見えません。
スペースにもゆとりがありますしね。

2013108-1 020

しかし、食器棚から食器を出してみると、まだまだ多いと感じてしまいます。

パッと見ただけで、この食器は全然使っていないなぁと思うモノも何点かありました。

こんまりさんの、プレゼント類の片づけ方法

それらの中にはプレゼントされたモノもあります。
贈り物なので前回のガラクタ整理では、処分するのは悪いと思い、残しました。

残しましたが、気に入ったものではなかったし、使い勝手も悪いので、使うことは一回もなかったです。

つまり、ときめかない食器なのです。

こんまりさんは、プレゼントはモノそのものより、気持ちを届けるモノです。だから、「受け取った瞬間にときめきをくれて、ありがとう」といって捨ててあげればいいのです。と本に書いています。

この文を読んで、捨てる決心がつきました。

食器のときめきチェック

全ての食器を一つづつ手に触れて、ときめきチェックをしていきました。

もちろん、妻と一緒にやりました。
ほぼ、二人の意見は一致しました。

一緒に暮らしていると、何となく好みは似てきますよね^^

2013108-1 028

ときめきチェックで、ときめかなかった食器です。
ほとんど使っていない食器ばかりです。

ありがとう言って、処分することにしました。

たくさんあっても、結局は気に入っている、つまり「ときめく」食器しか使わないですよね。

ときめいた食器を食器棚に戻す

2013108-1 023

2013108-1 025

食器棚がさらにスプペース的にゆとりができました。
特に上段は、スカスカになりました。

一回り小さい食器棚にしてもいいかも、と思ってしまいますが、とりあえずは、このまま使おうと思います。
買い換えるとなると、お金もかかりますからね。

それと、二人暮らしにしては食器はちょっと多いかもしれません。

それは、月に1回ぐらいのペースでスポーツクラブのメンバーとちょっとしたホームパーティーをするからです。
ときめかないコップを捨てたせいで、コップが足りなくなりました。

次の休日にでも新しいコップを買ってこようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-こんまりさん流お片づけ
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.