シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

こんまりさん流お片づけ

機械類の片づけ祭り!「人生がときめく片づけの魔法」を実践

【この記事をシェアする】

投稿日:2013年10月9日 更新日:

9月27日に放送された、こんまりさんこと近藤 麻理恵さんがモデルのドラマ「人生がときめく片づけの魔法」の影響を受けて、我が家では時間があるときに片づけ祭りを開催しています。

書籍「人生がときめく片づけの魔法」に書かれている片づけの基本の順番に従って、衣類→本類→書類の片づけ祭りを終わらせました。

関連エントリ
ドラマ「人生がときめく片づけの魔法」を見て、さっそく実践
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(衣類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(妻の衣類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(本類の片づけ祭り)
「人生がときめく片づけの魔法」を実践(書類の片づけ祭り)

今回は、小物類の片づけ祭りをすることにしました。

小物類と言っても、たくさんのカテゴリーのモノがあります。

小物類を整理する順番

こんまりさんは、小物類を整理する基本の順番も書籍に書かれています。

CD・DVD類
→スキンケア用品
→メイク用品
→アクセサリー類
→貴重品類(印鑑・通帳・カード類)
→機械類(デジカメ・コード類など電気の香りのするモノ)
→生活用具(文房具・裁縫用具)
→生活用品(薬類・洗剤・ティッシュなど消耗品)
→キッチン用品・食料品
→その他

この順番通りに整理していけば、とっても簡単に片づけができるようです。

CD・DVD類は、ガラクタ整理で私のモノはほぼ全て処分したのでありません。
ただし、パソコンのバックアップ、リカバリーDVDは置いています。

メイク用品、アクセサリー類を私は元々持っていないので、そもそも片付けをする必要がありません。

貴重品類は、確認しましたが全て使っているモノでした。

と、言うことで「機械類」の片づけ祭りをすることにします。

機械類の片づけ祭り

2013108-1 001

機械類は、防湿庫に収納しています。

防湿庫は、デジタル一眼レフカメラを「D800」に買い換えた時に購入しました。

最近、デジイチを使っていないので、妻にはちょっと苦情を言われています(^_^;)

防湿庫の中のモノは、ガラクタ整理でも手を付けなかった、私の趣味のモノが多く入っています。

2013108-1 004

中に入っているモノを全て取り出しました。
毎回そうですが、全て出してみると、こんなにもたくさんのモノが入っていたのかと驚かされます。

カメラ用品、過去に使っていたスマートフォン、コード類などがあります。

用途不明のコード類は処分!

2013108-1 010

これらのコード類は全て、「何のコードだろう」と思ったものです。

それは一生使うことはありません。謎のコード類は永遠に謎のままです。と、こんまりさんの本に書かれています。

自分で把握しているコード類だけを残して、謎のコード類は全て捨てることにしました。

機械類も立てる収納でスッキリ、キレイに

2013108-1 007

残すモノは、キレイで丈夫なスマートフォンの空箱を使って収納しました。

機械類も立てる収納を基本に空箱に入れていくと、たくさん入れることができますし、わかりやすいです。

これまでは、箱のフタを閉めて収納していましたが、中が見るほうがわかりやすくて絶対にいいですよね。

まとめ

本当に必要なモノだけになったので、防湿庫の中もスッキリ、キレイに片づきました。

防湿庫の中も片づいたことだし、積極的にデジイチも使っていこうと思います。

まずは、日々のブログの写真撮影に使おうかな?

でも、このサイズの写真なら、デジイチ、コンデジ、スマホで撮っても、違いはわからないですよね(^_^;)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-こんまりさん流お片づけ
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.