シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

キッチン

後付けタイプのキッチンカウンターを設置するかどうかの検討結果

投稿日:2013年11月21日 更新日:

我が家のキッチンカンターの幅は、牛乳パックよりもちょっと広い10.5cmしかありません。

DSC_1933_032

台所からダイニングテーブルにお皿を運ぶとき、距離的に一番近いキッチンカンターを利用しています。

これまで一度もモノを落としたことがなかったのですが、先日サラダのお皿を落としてしまいました。

落としそうになったことは何度もありますがね。

それで、我が家のキッチンカンターの幅が狭いから、このようにモノが落ちたり、落ちそうになるのだと、気づきました。

サラダを落とすまでは、キッチンカンターの幅が狭いなんて思ったことはなかったです。

モノを落とさないためには、キッチンカンターの幅を広くすればいいのでは、と単純に考えました。

関連エントリ
後付けタイプのキッチンカウンターが魅力的です。ぜひとも欲しいです!

後付タイプのキッチンカンターの見積り

我が家にも後付タイプのキッチンカンターが欲しいと思い、リフォーム会社さんに見積りを依頼しました。

相談した結果、大掛かりなモノでなく、既存のキッチンカンターに幅20cmの木製ボードを載せる単純なモノです。

それと、キッチンカンター下のスペースには、収納は設けません。

その見積り結果が、届きました。

特注のキッチンカンター本体、設置工事、諸経費を含めて、合計55.000円弱です。

2~3万円かなと勝手に想像していたのですが、想定以上の金額でした。

水回りなのでコーキング処理にお金がかかるようです。

どうせ、設置するならキッチリとしてもらいたいので、この金額でしょうがないのかもしれません。

でも、「はい、すぐに工事をお願いします」という金額ではないでのも事実です。

55,000円も出すのなら、無印良品の食器棚の方が欲しいかも。

後付タイプのキッチンカンターをイメージしてみる

何となく後付タイプのキッチンカンターが欲しいと思っていただけなので、具体的に設置したらどうなるのか試してみました。

ちょうど、無印良品の「木製キャビネット大・木製扉・タモ材/ブラウン」の棚が色も大きさもいい感じなので、既存のキッチンカンターに置いてみました。

DSC_2103_078

既存のキッチンカンターから10cmはみ出します。

20cmあれば、我が家にあるお皿は十分に置けるはずです。

DSC_2107_080

台所からダイニングテーブルを眺めたところです。

キッチンカンターがいい感じであります。

ブラウンがアクセントになって、台所の雰囲気が変わりますね。

DSC_2111_077

キッチンカンターをダイニングテーブル側の下から見たところです。

10cmはみ出しているのが、やっぱり気になります。

イスに座るときなどに、ぶつかってしまうのではないのかと、ちょっと心配です。

実際に設置するモノの角は曲線になっているので、ぶつかっても大丈夫だと思いますがね。

まとめ

夫婦で話し合った結果、早急には後付タイプのキッチンカンターはいらないという結論になりました。

金額面もありますが、そもそもキッチンカンターはなくてもいいのかなと。

似たような大きさの板で、後付タイプのキッチンカンターをイメージしてみて、本当に必要かどうか、わかりました。

実際に試してみてみるのって、大事ですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


  • この記事を書いた人
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資、米国個別株)で充実した生活を送ることが目標です。


-キッチン
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.