シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

キッチン

後付けタイプのキッチンカウンターが魅力的、ぜひ欲しいです

【この記事をシェアする】

投稿日:2013年11月6日 更新日:

キッチンカウンターに置いたお皿

わたしが晩ご飯の手伝いをしているときに、悲劇は起こりました。

台所からダイニングテーブルにサラダを持っていくために、キッチンカウンターにお皿をこのように置くと・・・。

バランスを崩してお皿が床に落ちてしまいました。

サラダが全て床に散乱しました。

床はじゅたんなので、後片づけはちょっと大変でした。

でも、汁物でなかったのは不幸中の幸いです。

また、お皿も割れませんでした。

キッチンカウンターからモノが落ちた理由

幅の狭いキッチンカウンター

なぜ、このようなことが起きたかといえば、キッチンカウンターの幅が狭すぎるからです。

幅は牛乳パックよりもちょっと広い、10.5cmしかありません!

こんなに狭かったら、キッチンカウンターと言わないかもしれませんがね。

幅が狭いんだったら、お皿などを置かなければいいのですが、構造的にどうしても置いてしまいます。

台所から見たダイニング

台所からダイニングテーブルにお皿を移動させるとき、台所を出てグルっと回って運ぶよりも、キッチンカウンターを通したほうが絶対にラクだからです。

結婚してから12年、ずっとこの方法でお皿を運んでいました。

キッチンカウンターの幅が狭いから、いつかは落とすなとは思っていましたがね。

たまたま、12年間運が良くて一度も落とさなかったのかもしれません。

このままの状態だと、再びお皿を落としてしまいそうなので、対策を考えることにしました。

キッチンカウンターからの落下対策

対策① 台所からダイニングテーブルにお皿を移動させるときには、台所から出てグルっと回って運ぶこと

対策② キッチンカウンターにお皿を置くときには、細心の注意を払うこと

対策③ キッチンカウンターの幅を広くする

それぞれの対策の問題点

対策①は、キッチンカウンターでの落下は防げるが、移動距離が長くなるので、違う場所で食材をこぼす恐れがある

対策②は、精神論的すぎて、全く具体的な対策でない

対策③は、費用はかかるが、実現できればかなり使い勝手が良くなる

ということで、まともな案は対策③だけです。

キッチンカウンターの幅を広くするには

どうしたらいいのか、グーグル先生に聞いてみることにしました。

「後付け キッチンカウンター」で検索すると、とてもいいモノを見つけました!

後付けタイプのキッチンカウンターです。

こんな便利なモノがあるのですね。

現在のキッチンカウンターの高さに合わすこととができれば、バッチリです。

そうすると、キッチンカウンターの幅が合計40cmぐらいになり、十分な幅を確保することができます。

幅が40cmもあればお皿を落下させることは、ありえないです。

さらに、キッチンカウンター下に収納が新たにできれば、リビングとダイニングがさらに片づくはずです。

後付けタイプのキッチンカウンターが、欲しくなってきました♪

まとめ

いつもお世話になっている、リフォーム会社の担当者さんに後付けタイプのキッチンカウンターについて、聞いてみることにします。

あとは、工事費用がどれぐらいかかるかが問題です。

あまりに高いようだったら、断念しますがね。

追記

リフォーム会社の担当者さんに後付けタイプのキッチンカウンターについて聞いてみた、結果です。

後付けタイプのキッチンカウンターを設置するかどうかの検討結果

我が家のキッチンカンターの幅は、牛乳パックよりもちょっと広い10.5cmしかありません。 台所からダイニングテーブルにお皿を運ぶとき、距離的に一番近いキッチンカンターを利用しています。 これまで一度も ...

続きを見る

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-キッチン
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.