シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

寝室・書斎

断捨離した書斎のビフォーアフター、もうすぐミニマリストに!

【この記事をシェアする】

投稿日:

断捨離後の書斎

昨日、書斎の机のキャビネットを大型ごみとして処分しました。

そんなに大きくないキャビネット一つがなくなっただけで、書斎が広々とスッキリしました。

これで、書斎に残るのは、机と椅子のみになりました。

今でこそ、スッキリ片付いた書斎ですが、以前はそんなことはありませんでた。

断捨離を始める前の書斎(ビフォー)

物が多い書斎

書斎には机と椅子、本がギッシリと詰まった本棚がりました。

書斎にあった収納ケースなど

反対の壁側には、収納ケース、シュレッダー、カメラを保管する防湿庫、ルンバが所狭しと置いてありました。

写真は、ありませんが、この前には、さらにもう一個の収納ケースがありました。

壁側は、置いてある物の種類がバラバラで、まるで統一性がありませんでした。

物が外に出しっぱなしになることもなく、収納場所にはちゃんと整理整頓されていました。

その当時は、この状態が普通でした。

たくさんあった収納ケースには、私の洋服を収納していました。

ぜんぜん着ない洋服でも、いつか着るだろ、もったいないと思い、捨てることはなかったです。

書斎の断捨離を始める

こんまりさんこと、近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」を読んでから、私の片づけに対する考え方が変わりました。

それまでは、収納用品にキレイに収まっていれば、片づいていると思ってました。

ですので、物が増えるたびに収納用品も、増えていきました。

そのため、収納用品の種類がバラバラだったのです。

まだ、無印良品の収納用品で統一しようなって、思っていなかったころなので。

でも、そうじやなくて、ときめく必要な物だけを残し、不要な物は処分する。

そして、ときめくだけの物を収納する。

と、いう考えに変わり、使わない物、いらない物はどんどん断捨離していきました。

断捨離後の書斎(アフター)

断捨離後の書斎

さらに、今年になって本棚、机のキャビネットを断捨離したことで、書斎は劇的に変わりました。

書斎で外に出ているものは、机と椅子だけになりました。

断捨離前の書斎と比べると、別の部屋かと思うぐらいに物の量が減りました。

机がない壁側には、物が全くありません!

本当に広々として、スッキリとした書斎になりました。

まとめ

書斎では、もう、これ以上は断捨離できないと思います。

机と椅子だけですからね。

でも、普段、机と椅子を使っているかと言えば、全く使っていません。

家にいるときは、ほぼリビングにいるので、書斎で、何かをするということが、ほとんどないので。

ひょっとしたら、机と椅子も、そのうち断捨離するかも!

そうなったら、書斎はミニマリストの空間になりますね。

目指せ、シンプルライフです!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-寝室・書斎

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.