シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換することに決定

投稿日:2016年5月7日 更新日:

個人型確定拠出年金

2010年3月から現在まで、個人型確定拠出年金琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出しています。

わたしが個人型確定拠出年金をスタートした当時は、琉球銀行が商品のラインナップがよく、手数料もそこそこ安かったので、北海道から一番遠い沖縄県の琉球銀行を選びました。

>SBI証券の個人型確定拠出年金が魅力的に!

SBI証券での個人型確定拠出年金プラン

今年の4月22日にSBI証券の個人型確定拠出年金に新たに20本の投資信託がラインナップされ、SBI証券での個人型確定拠出年金が一気に魅力的になりました。

SBI証券の手数料は、以前から条件はありますが最安です。

ということで、SBI証券のサイトで資料請求を申し込むと、先日、自宅に資料が届きました。

個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換を検討

現在、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出しています。 わたしが個人型確定拠出年金をスタートしたのは2010年3月からなので、6年1か月経過したことになります ...

続きを見る

個人型確定拠出年金をSBI証券に移管することに決定

SBI証券の個人型確定拠出年金の書類

手数料が安く、商品ラインナップも充実したSBI証券に個人型確定拠出年金を移管することに決めました。

手数料が、琉球銀行と比較して年間で4,668円も安くなるのが魅力です。

個人型確定拠出年金を移管するときには、「確認書」と「加入者等運営管理機関変更届」の2枚の書類を移管先のSBI証券に提出します。

積み立てをする投資信託などの商品選びは、移管手続のときにはありませんでした。

後日に商品選びをするんでしょうね。

まとめ

書類を返送したので、あとはどの商品に投資するかを選ぶだけです。

「DCニッセイ外国株式インデックス」を中心にして選びたいと考えています。

追記

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続き中です。

個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続き中

こんばんは、ツテです。 2010年3月から現在まで、個人型確定拠出年金を琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出していました。 しかし、SBI証券の個人型確定拠出年金が商品の充実により、かなり魅力的にな ...

続きを見る

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続きが完了しました。

個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続きが完了しました

こんばんは、ツテです。 2010年3月から現在まで、個人型確定拠出年金を琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出していました。 しかし、SBI証券の個人型確定拠出年金の運用商品に「DCニッセイ外国株式イ ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資、米国個別株)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-個人型確定拠出年金
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.