シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換を検討

投稿日:2016年4月23日 更新日:

個人型確定拠出年金

現在、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出しています。

わたしが個人型確定拠出年金をスタートしたのは2010年3月からなので、6年1か月経過したことになります。

琉球銀行を選んだ理由

琉球銀行のある沖縄の首里城

北海道から遠い場所にある琉球銀行を選んだ理由は、わたしが個人型確定拠出年金を始めた当時は琉球銀行の商品ラインナップが良く、手数料もそこそこ安かったかったからです。

現在、琉球銀行で個人型確定拠出年金として積み立てているのは次の投資信託です。

・野村DC国内株式インデックスF:信託報酬0.2052%
・野村DC外国株式インデックスF:信託報酬0.2376%
・野村新興国株式インデックスF:信託報酬0.6048%

低コストのインデックスファンドを選んでいます。

また、琉球銀行での個人型確定拠出年金の手数料の内訳は次の通りです。

国民年金基金連合会への手数料:103円/月
事務委託先金融機関への手数料:64円/月
運用管理機関への手数料:389円/月

手数料の合計は、556円/月になります。

つまり、毎月の拠出金額が23,000円なので、手数料が約2.4%にもなるのです!

その代わり、掛金が全額所得控除の対象になるなど税制上の優遇措置があります。

SBI証券の個人型確定拠出年金に魅力的な投資信託が!

SBI証券の個人型確定拠出年金

今年の4月22日にSBI証券の個人型確定拠出年金に新たに20本の投資信託がラインナップされました。

その20本の中に、魅力的な投資信託があるのです!

DCニッセイ外国株式インデックス:信託報酬0.2268%

信託報酬が現在琉球銀行にて積み立てをしている投資信託よりも安いのです。

その他の投資信託のラインナップも琉球銀行とそんなに変わりません。

SBI証券の個人型確定拠出年金の一番の魅力

SBI証券の個人型確定拠出年金の一番の魅力は、何といっても手数料が安いことです。

国民年金基金連合会への手数料:103円/月
事務委託先金融機関への手数料:64円/月
運用管理機関への手数料:0円/月(個人別管理資産が50万円以上の場合)

手数料の合計は、167円/月になります。

つまり、毎月の拠出金額が23,000円なので、手数料が約0.7%にまで低下するのです!

年間の手数料を比較すると

琉球銀行:6,672円/年
SBI証券:2,004円/年

となり圧倒的にSBI証券が有利になります。

年間で4,668円の差なので、あと20年継続したとすると93,360円もの差になるのです。

商品ラインナップが充実したことで、SBI証券に運営管理機関を移管する方向で検討します!

まとめ

さっそく、SBI証券のサイトで資料請求を申し込みました。

移管の手続きは、移管先での申し込みだけでいいようなので、簡単そうです。

追記

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換することに決めました。

個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換することに決定

2010年3月から現在まで、個人型確定拠出年金を琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出しています。 わたしが個人型確定拠出年金をスタートした当時は、琉球銀行が商品のラインナップがよく、手数料もそこそこ ...

続きを見る

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続き中です。

個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続き中

こんばんは、ツテです。 2010年3月から現在まで、個人型確定拠出年金を琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出していました。 しかし、SBI証券の個人型確定拠出年金が商品の充実により、かなり魅力的にな ...

続きを見る

個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続きが完了しました。

個人型確定拠出年金
個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続きが完了しました

こんばんは、ツテです。 2010年3月から現在まで、個人型確定拠出年金を琉球銀行にて毎月23,000円ずつ拠出していました。 しかし、SBI証券の個人型確定拠出年金の運用商品に「DCニッセイ外国株式イ ...

続きを見る

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資、米国個別株)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-個人型確定拠出年金
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.