シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

個人型確定拠出年金

7年目の個人型確定拠出年金の運用状況、トータルリターンは11%!

投稿日:2017年3月28日 更新日:

個人型確定拠出年金(愛称:iDeCo)

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)のテレビCMで加藤綾子さん(フリーアナウンサー、元フジテレビアナウンサー)が出演されていましたが、みなさんはご覧になりましたか?

私の周囲で、個人型確定拠出年金iDeCoの話は一度も耳にしたことはありません。

自分から「iDeCo(イデコ)って、知ってる?」と話しかけたこともありませんが・・・。

どれぐらい、iDeCo(イデコ)は普及しているんでしょうね。

私は、個人型確定拠出年金に2010年3月から加入しています。

なので、先月でちょうど7年が経過!

個人型確定拠出年金を始めて、ちょうど7年目の運用状況を確認することにします。

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)の魅力

個人型確定拠出年金のメリットは、「住民税と所得税の軽減」「運用収益がすべて非課税」、「年金として所得控除が適用」です。

年末の年末調整のときに、小規模企業共済等掛金控除の欄に記入すると、税金が軽減されます。

一方、個人型確定拠出年金のデメリットは、「原則として60歳までお金を引き出せない」、「運用に失敗すると損をする」、「手数料がかかる」などです。

デメリットもありますが、メリットの方が大きいと判断して私は個人型確定拠出年金に加入しました。

この個人型DCへの加入は、昨年末まで自営業者や会社員等に限られていました。

それが2017年1月から、公務員や専業主婦なども個人型確定拠出年金へ加入することができるようになりました。

さっそく妻も、私と同じSBI証券で個人型確定拠出年金を始めましたよ!

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)をSBI証券でしている理由

現在、私は個人型確定拠出年金をSBI証券でしています。

2010年3月に始めたときには、沖縄の琉球銀行で個人型確定拠出年金をしていました。

それが、2016年7月に手数料が安いSBI証券に個人型確定拠出年金を移管しました。

SBI証券の個人型確定拠出年金の一番の魅力は、手数料が安いことです。

国民年金基金連合会への手数料:103円/月
事務委託先金融機関への手数料:64円/月
運用管理機関への手数料:324円/月(年金資産残高が50万円以上の場合は0円/月)

私は年金資産残高が50万円以上あるので、手数料の合計は、167円/月になります。

個人型確定拠出年金の移管については、こちらをご覧ください。

関連記事個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換を検討

関連記事個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移換することに決定

関連記事個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続き中

関連記事個人型確定拠出年金を琉球銀行から手数料が最安のSBI証券へ移管手続きが完了しました

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)で積立をしている投資信託

個人型確定拠出年金の資産配分

個人型DCをSBI証券にて毎月23,000円ずつ拠出しています。

SBI証券の個人型確定拠出年金で積立をしている投資信託とその割合は次のとおりです。

・DCニッセイ外国株式インデックス    70%
・EXE-i 新興国株式ファンド      10%
・EXE-i グローバル中小型株式ファンド 20%

資産配分は、先進国株式を中心に、残りを新興国株式、グローバル中小型株に配分しました。

個人型確定拠出年金の運用状況【2017年3月】

個人型確定拠出年金の運用状況

これまでの、毎月23,000円の掛け金を、2010年3月から7年間ずっと止めずに積み立ててきました。

積立額の合計は、1,932,000円です。

毎月23,000円ずつでも、7年間も積み立てると200万円近くにもなります。

「塵も積もれば山となる」ですよね。

そして、現在の評価額は、2,917,239円です。

現時点での運用収益は、+985,239円で、7年間のトータルリターンは約11%です。

グラフの評価額が途中からスタートしているのは、データがないので・・・。

しっかりと、データを保存していくべきだったと反省です。

まとめ

個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)を始めて7年経過しましたが、ずっと評価額がプラスだったわけではありません。

前半は、ずっと評価額がマイナスだったような気がします。

評価額がマイナスになっても積立を止めずに、ずっと積立を続けていきました。

「継続は力なり!」です。

毎月の積立金額も、無理のない金額だったのが良かったと思います。

無茶な金額だったら、途中で挫けていたかもしれません。

これからも、資産運用は無理のない範囲内の金額でずっと続けていきたいです。

資産運用は退場することなく、ずっと続けることが大事だと思っているので。

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


  • この記事を書いた人
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資、米国個別株)で充実した生活を送ることが目標です。


-個人型確定拠出年金
-

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.