ヘルシーなサバ缶のチャイニーズスープの作り方

サバ缶

最近、健康のためサバ缶をよく食べています。そのまま食べても、そこそこ美味しいですが、ずっと食べているとさすがに飽きてきます。

そんなとき、動画配信サービスの「Paravi(パラビ)」で「マツコの知らない世界」を見ていると、サバ缶を使った簡単で美味しそうなスープが紹介されていました。「サバ缶のチャイニーズスープ」です。さっそく、作ってみることに。ただし、番組で紹介されていたレシピ通りではなく、さらに簡単に作りました。

サバ缶のチャイニーズスープの材料

サバ缶(190g)と、ローソンの「肉入りカット野菜」です。

野菜を切るのが面倒なので、あらかじめカットされているものを準備しました。ローソンの「肉入りカット野菜」には、キャベツ、たまねぎ、にんじん、豚肉、たけのこ、きくらげ、青ピーマンが入っています。内容量は130gで、一袋当たり85kcalです。

調味料などは、次のとおりです。

お水が1カップ、オイスターソースが小さじ1、塩こしょうが適量、めんみが小さじ1、黒ごまが適量です。

今回は、醤油の代わりに、めんみを使いました。

肉入りカットを加熱

凍ったままの「肉入りカット野菜」を耐熱皿に平たく盛り、ラップをかけて電子レンジで加熱します。調理時間は600Wの場合は、約3分です。

たくさんの種類の野菜を、簡単に準備することができるので、この「肉入りカット野菜」は便利です。

鍋に材料を入れて、火を通す

鍋の中に、お水を1カップ、オイスターソースを小さじ1、めんみを小さじ1を入れます。

さらに、加熱した肉入りカット野菜と、サバ缶を汁ごと入れます。ただし、私はあらかじめサバの大きな骨を取り除きました。

火が通るまで、適当に加熱します。

火を通したあと、塩こしょうと黒ごまを適量加えます。ちょっと黒ごまが多かったかもしれません。たった、これだけで完成です。

サバ缶のチャイニーズスープの完成

どんぶりに盛り付けをすれば、サバ缶のチャイニーズスープの完成です。見た目も健康的そうです。

お味は、とっても美味しかったです。

「サバ缶のチャイニーズスープ」は、また作ってみたいと思います。

伊藤食品 美味しい鯖味噌煮 190g×4缶
伊藤食品
¥1,037 (¥259 / 個)(2020/10/30 01:15時点)
タイトルとURLをコピーしました