シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

家電製品・雑貨

ドラム式洗濯乾燥機の乾燥機能を使っていない理由

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年8月6日 更新日:

日立「ドラム式洗濯乾燥機」

おはようございます、プラムです。

洗濯機は、我が家の家電製品の中では、比較的新しいものです。

新しいと言っても、4年目ですけどね。

この洗濯機を買う前は、夫が独身時代から使っていたものが、ものすごく綺麗だったので、そのまま新居へ持ってきました。

縦型洗濯機で容量も小さく、あんまりたくさん洗濯物が入らなかったので、容量が大きめのドラム式洗濯乾燥機に買い換えることにしたんです。

スポーツクラブへ通い始めてからは洗濯物が増えて、一日二回洗濯することも増えてきたので。

ドラム式洗濯乾燥機を購入しましたが・・・

買うときは、夫と一緒に電気屋さんを回って、嵐がCMをしてた日立のドラム式洗濯乾燥機を選びました。

日立のドラム式洗濯乾燥機にするか、パナソニックのドラム式洗濯乾燥機にするか悩んだんですけどね。

せっかく乾燥機能付きのものを買ったんですが、乾燥機能はほとんど使ってません。

乾燥機能を使うと、電気代がものすごくかかるのと、乾燥の時に排水口から臭いがすることがあったからです。

ホント、ドブ臭い、ひどい臭いが排水口からして、大変でした。

この排水口からの臭いを解決するため、夫がネットでいろいろと調べました。

乾燥の設定を標準の「空冷除湿モード」から「水冷除湿モード」に変えて、臭いの方は解決しました。

「空冷除湿モード」だと、乾燥運転中に排水ホースから温風を出して運転をするから、その温風が排水口の水を飛ばして臭いがするみたいです。

でも、「水冷除湿モード」で乾燥すると、余計に水を使うし、電気も余計に使うと夫は言っていました。

なので、滅多にに乾燥機能を使わなくなりました。

それと、臭いを解決するためにネットで調べたけど、乾燥するときの臭いに関しての問題はたまにあるみたいですね。

乾燥機能を使うのは、毛布を洗った時ぐらいです。

容量が大きいので、毛布が洗えるのは、便利ですね。

やっぱり容量が多いのはいいですよね。

我が家の洗濯機の使い方

パナソニック「除湿機」

スポーツクラブへ行った次の日は、比較的洗い物が多いです。

朝起きてすぐ洗濯機を回します。

二人分しかないので、洗剤と柔軟剤を入れたあと、洗濯物の量を見ると、大抵、0.8の容量と出てきます。

和室に洗濯物を干すのは、10分もかからないので、仕事前でも、全然苦にはなりません。

で、除湿機をつけて洗濯物を乾かします。

この除湿機も実は、古いので、電気代はかかると思います。

そう言えば、除湿機が電気をくうから、乾燥機能付きの洗濯機を買ったんだったかな?

その辺は、記憶があいまいです。

でも、除湿機も、15年近く使っているので、実はそろそろ買い替え時期なんです。

この前、ブログに載せた、無印良品の「サーキュレーターを」併用して、風を送ろうかな。

そうすると、洗濯物の乾きも早くなりますよね。

まとめ

たまに、休みの日は、片付け夫が洗濯物を干してくれることがあるんだけど、前にご近所さんにそれを言うと、「下着とか干してもらうのってイヤじゃない?」って言われたことがあります。

全然気にしてなかった(笑)

いろいろ書いたけど、やっぱり新しい家電製品っていいですよね。

家電製品の進化もすごいなぁ、って改めて感じます。

だけど、乾燥機能を使った時、電気代がもっと安くなればいいですけどね。

もちろん、排水口からの臭いもなしで。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-家電製品・雑貨

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.