ダイソン「コードレス掃除機」のバッテリー交換方法

我が家では、簡単な掃除をするときはダイソンのコードレス掃除機を使っています。普通の掃除機と違って、さっと使うことができるので、とっても便利です。

《関連記事》ダイソンのコードレス掃除機がとても便利です!

コードレス掃除機が動かなくなった・・・

ダイソンのコードレス掃除機

ダイソンのコードレス掃除機を使い始めて、約4年が経過しました。これまで、故障もなく掃除に活躍してくれていました。

それが数ヶ月前から、充電をしても、すぐに電源が切れるように・・・。バッテリーがヘタってきて、そろそろバッテリーの交換時期かなぁと。

だましだまし使っていましたが、ある日突然、コードレス掃除機が動かなくなりました。

コードレス掃除機の本体横にあるランプが、赤い点滅をしています。(上の写真の赤枠で囲った部分で、正常に運転中は青色に光ります。)

調べてみると、赤い点滅のときは「ダイソンお客様相談室までご連絡ください。」とあります。相談するまでもなく、バッテリーがダメになったので、ダイソンの公式サイトから交換用バッテリーを購入しました。税込みで8,800円でした。

Amazonでも純正品ではありませんが、交換用のバッテリーが販売されています。

ダイソンの交換用バッテリーが届いた

公式サイトで注文して1週間後には、新しい交換用のバッテリーが届きました。

箱の中には、交換用のバッテリー、交換する手順書、ねじが2本がありました。

手順書を見ながら、バッテリーを交換しました。交換にはプラスドライバーが必要です。

赤いボタンを押して、本体からダストボックスを取り外します。


プラスドライバーで本体の2箇所のネジを外し、バッテリーを取り外します。

本体からバッテリーが取り外すことができました。

届いた交換用バッテリーを、逆の手順で取り付けていきます。簡単にバッテリーを交換することができました。

まとめ

バッテリーを交換してから、まずは充電をしました。

充電後、コードレス掃除機は正常に動き、きれいに掃除をすることができました。

これからも、コードレス掃除機で家の中をきれいに保ちたいです。

タイトルとURLをコピーしました