シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯金

家電製品・雑貨

食器洗い乾燥機を買い換え、自分で簡単に取り付けることができた

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年12月12日 更新日:

パナソニックの食器洗い乾燥機「NP-TM5」

年末の大掃除の第一弾として、土曜日に食器洗い乾燥機の大掃除をしました。

使っていた食器洗い乾燥機は、パナソニックの「NP-TM5」です。

庫内の汚れがあまりにもひどく、油汚れだと思ったので重曹を使ってしまいました。

重曹は、食器洗い乾燥機に使ってはいけないを知ってしましたが、大丈夫だろうという甘い気持ちで・・・。

しかし、ダメなものはダメで、食器洗い乾燥機から水漏れが発生してしまい、壊れてしましました。

パナソニックの食器洗い乾燥機「NP-TM5」
食器洗い乾燥機を壊してしまいました!重曹を使ったら壊れます!

我が家では、家事の効率化のため食器洗い乾燥機を使っています。 食器を洗う手間が省けるので、本当に役立っています。 我が家には、無くてはならない家電製品の一つです。 基本的には食器洗いのみを使って、乾燥 ...

続きを見る

食器洗い乾燥機を買い換える

価格コムで比較

食器洗い乾燥機を使い始めて10年近くになり、もう我が家に無くてはならないものなので、すぐに買い換えることにしました。

食器洗い乾燥機を壊してしまった翌朝、すぐにネットで新しい物を注文しました。

先代と同じパナソニックの食器洗い乾燥機です。

他に選択肢がないので。

価格コムで調べると最安値ではありませんでしたが、ヨドバシ・ドット・コムで注文しました。

ポイント還元を入れると、最安値のショップと、1,000円差です。

ヨドバシ・ドット・コムで注文した一番の理由は、当日に配送だったからです。

お店に行かなくても、当日中に届くなんて、便利な世の中ですね。

分岐水栓はそのまま使えるので、取付工事は依頼しませんでした。

壊れた食器洗い乾燥機を取り外す

分岐水栓から給水ホースを取り外す

新しい食器洗い乾燥機が届くので、壊れた食器洗い乾燥機を取り外さなければなりません。

まずは、分岐水栓が閉まっていることを確認して、分岐水栓から給水ホースを外します。

食器洗い乾燥機は、運転が終わり、電源を切っても庫内には水が残っています。

残った水を排水するために、水抜きをしました。

給水ホースを本体から取り外し、ホース内の水を捨てます。

食器洗い乾燥機の水抜き

さらに、本体背面に黒いゴムキャップがあり、取り外します。

本体を前後左右に傾けると、中に残っている水が抜けていきます。

水がなくなったら、ゴムキャップをもとに戻します。

食器洗い乾燥機がなくなった台所

これで、水抜きが完了したので、本体を違う場所へ移動させました。

本体の重さは、約19kgなのでちょっと重いですが移動は可能です。

パナソニックの食器洗い乾燥機「NP-TM9」

パナソニックの食器洗い乾燥機「NP-TM9」

新しい食器洗い乾燥機のパナソニック「NP-TM9」が届きました。

これまで使ってた機種の後継機でサイズも一緒です。

見た目も一緒すぎて、新しい食器洗い乾燥機だとは思えません。

台所に吊り戸棚があり、高さ制限があるので、コンパクトなこの機種を選びました。

分岐水栓は、これまでと同じものが使用できます。

食器洗い乾燥機に給水ホースと排水ホースを取り付ける

本体背面に給水ホースと排水ホースを取り付けます。

給水ホースは取り付ける時、方向に注意が必要です。

硬めのホースなので逆向きに付けると分岐水栓に届かなくなります。

給水ホースを分岐水栓に取り付け、レバーを開きます。

排水ホースを吸盤でシンクに固定します。

食器洗い乾燥機のアースを接続

最後に、アースと電源の接続をします。

アースは確実に取り付けないと、漏電時に感電のおそれがあります。

これで、食器洗い乾燥機の設置は完了です。

箱から出して、15分ぐらいでできました。

分岐水栓の取り付けがないので、簡単です。

試運転中の食器洗い乾燥機

最後に、試運転と点検をします。

異常がなければ、試運転は約4分で自動終了します。

そして、本体のぐらつき、傾き、給水ホース、分岐水栓の水漏れなどを確認しました。

どこも異常なしです。

食器洗い乾燥機の注意点

食器洗い乾燥機の取扱説明書

新しい食器洗い乾燥機の取扱説明書を読んで、注意しなければならないことが何点かありました。

これまで、食器洗い乾燥機を使っていたのに、知らなかったこともあります。

運転終了後は、必ず分岐水栓を閉じる(水漏れの原因)

これまで一度も閉じたことがなかったですが、水漏れの原因にもなります。

これからは、分岐水栓をしっかりと閉じるようにします。

台所用洗剤と重曹は使えません

下洗いの時に台所用洗剤を使っていましたが、しっかりとすすがないと水漏れ、故障の原因になります。

重曹は成分が固まって故障の原因になります。

私は重曹を使って壊してしまいました。反省です。

庫内に水やお湯をかけたりしない

私は掃除の時に、お湯をかけたりしていました。

これも水漏れの原因になります。

汚れは定期的に取らないと、付きやすくなります

定期的でなく、汚れに気がついた時に掃除をしていたので、手遅れになったのだと思います。

これからは、月に2~3回は「お手入れ」コースで庫内を綺麗にします。

まとめ

食器洗い乾燥機は、一度使い始めると、本当に便利なものです。

家事が効率化できて、時間を有効に使うことができます。

時間は有限ですからね。

パナソニックからパナソニックの食器洗い乾燥機の買い替えなので、自分で簡単に取り付けができました。

分岐水栓を取り付けには、特殊な道具が必要なので、自分で取る付けは無理かもしれません。

何はともあれ、食器洗い乾燥機が壊れてから、すぐに新しいのが届いて良かったです。

それと、これまでは食器洗い乾燥機の乾燥モードを、電気代がもったいないからと使っていませんでした。

しかし、これも庫内が汚れた原因の一つかもしれません。

庫内に水滴が残ってしまい、水垢などの汚れに。

乾燥を毎回60分すると、その電気代は約30円になるそうです。

一日2回、食器洗い乾燥機を使って乾燥もしたとすると、1ヶ月で、これまでよりも1,800円余計に電気代がかかります。

一年間では21,6000円と結構な額になります。

でも、庫内が汚れると、どうしても無茶な掃除をしてしまいそうです。

そうならないためにも、これからは乾燥も使っていきたいと思います。

食器洗い乾燥機を上手に使って、快適な生活を送りたいです。

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事&スポンサーリンク

-家電製品・雑貨

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.