シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間250万円の貯蓄目標

お掃除

ゴムパッキン用カビキラーが超便利◎窓枠のカビをきれいに撃退

投稿日:2017年10月17日 更新日:

窓のリフォーム

冬の結露対策のため窓のリフォームをすることにしました。

リフォームする理由は、結露対策です。

内窓を単板ガラスからペアガラスに変えて断熱効果をアップさせます。

<関連記事>冬の結露対策で窓のリフォームをします!

窓枠にこびり付いたカビ

窓枠にこびり付いたカビ

リフォームの打ち合わせの前、窓を改めて見ると、窓枠のゴムパッキンがカビだらけです。

カビの原因も結露だと思います。

内窓だけでなく外窓のゴムパッキンにもカビ汚れがあります。

内窓のゴムパッキンのカビ汚れは、内窓をペアガラスに交換するので、リフォーム後にきれいになります。

しかし、外窓は交換しません。

なので、外窓のゴムパッキンをリフォームときに一緒に交換しようと考えていました。

それをリフォーム会社へ伝えて、とりあえず見積もりに入れてもらいました。

見積もりを見ると、全てのゴムパッキンを交換すると、それなりの額になります。

全ての窓(8枚)のゴムパッキンを交換すると、約30,000円です。

内窓交換だけでそれなりのお金がかかります。

やはり、リフォーム代を少しでも安くしたいのです。

それで、自分でゴムパッキンのカビ汚れを取ることにしました。

ゴムパッキン用カビキラー

ゴムパッキン用カビキラー

ジョンソン株式会社の「ゴムパッキン用カビキラー」です。

ジェルが密着してゴムパッキンのカビを効果的に落とします。

使い方は、次の通りです。

①汚れやほこりがたまっている場合はあらかじめ取り除く
②汚れの部分に、ゴムパッキン用カビキラーに直接塗る
③そのまま15分から30分放置する
④カビ汚れが落ちたら、充分に水拭きする
⑤塗布後カビがとれない場合には、再度繰り返す。

また、注意点は次の通りです。

・換気扇を回す、窓や戸を開ける等必ず換気する
・ゴム手袋、マスク、保護眼鏡等を着用する

ゴムパッキン用カビキラーで窓のカビを落とす

ゴムパッキン用カビキラーを窓枠に塗る

窓枠に「ゴムパッキン用カビキラー」を直接塗ります。

ジェルなので垂れることなく、ゴムパッキンにしっかりと密着しています。

そのまま、30分放置しました。

窓枠を水拭きをする

その後、十分な水拭きをします。

窓枠にこびり付いたカビは、そう簡単には取れませんでした。

再び、同じことを繰り返します。

きれいになった窓枠

2回目で、寝室以外のカビ汚れは取れました。

一番汚れていた寝室のゴムパッキンのカビ汚れは、3回目でようやく取れました。

これで、窓のリフォームでゴムパッキンを交換しなくてすみます。

ちょっと手間はかかりましたが、ゴムパッキンの交換代の約30,000円を節約することができました。

まとめ

「ゴムパッキン用カビキラー」のおかげで、窓枠のカビ汚れは全て取れました。

ジェルがゴムパッキンに密着するので、効果的です。

「ゴムパッキン用カビキラー」は、窓枠のカビ取りだけでなく、お風呂などの水回りのカビ取りにも使えます。

しっかりと掃除をして、きれいな水回りにしたいです。

追記:窓のリフォームをしました!

窓のリフォーム後に壁紙の張り替え

窓のリフォームをしました。

<関連記事>冬の結露対策で窓のリフォームをしました!ペアガラスで断熱効果アップ!

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間250万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


-お掃除

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 All Rights Reserved.