シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理で年間250万円の貯金

お掃除

お風呂をプリン状石鹸で大掃除をして4ヶ月、綺麗な状態を保つ方法

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年12月1日 更新日:

プリン状石鹸で掃除中(お風呂場の床をこする)

お風呂の大掃除を8月にしてから約4ヶ月経ちました。

プリン状石鹸(おそうじ石鹸スライム)を使って掃除をしたら、汚れていたお風呂が驚くほど綺麗になりました。

汚れがこびり付いていたイスや洗面器も、プリン状石鹸を使って洗うと新品のようにに蘇りました。

せっかく、ここまで綺麗にしたのだからこの状態を保ちたい!

プリン状石鹸を使って、大変な大掃除をしたくない!

そのために、お風呂を綺麗に保つように努力しました。

お風呂を綺麗に保つ方法

スライムアタック後のお風呂

お風呂を綺麗に保つ究極の方法は、お風呂を使わないことです。

スポーツクラブや銭湯でお風呂に入ってくれば、自宅のお風呂が汚れることはありません。

でも、そんなことはなかなか難しい。

もう一つの方法は、お風呂を使ったあと、毎回、お風呂の拭き掃除をすることです。

水垢やカビの原因となる水滴を雑巾で拭き取ります。

毎回、お風呂を拭くなんて面倒に感じるかもしれませんが、慣れたらそうでもないですよ。

お風呂を綺麗に保つために実践していること

排水口カバーを掃除

お風呂から出るとき、50度のお湯をシャワーで浴室全体にかけます。

50度のお湯をかけると、カビが発生しにくくなるそうです。

排水口カバーに溜まっている髪の毛を取り除き、歯ブラシで綺麗にします。

毎日欠かさずするのが、ポイントです。

排水口カバーの掃除をサボると、後日大変になります。

汚れすぎて、触りたくなくなります。

マイクロファイバークロスでお風呂を拭く

マイクロファイバークロスで水滴を拭いていきます。

洗面器、イス、シャンプー、リンスのボトルを拭いて、お風呂から出します。

お風呂のイスと洗面器を洗濯機で乾かす

洗濯機の上で乾かします。

翌日の朝、お風呂に戻します。

マイクロファイバークロスでお風呂の床を拭く

そして、お風呂全体を拭いていきますが、全部を完璧に拭くのは無理なので、水垢やカビはごつきやすそうなところを重点的に拭きます。

折戸、棚、角の部分、床、排水口などです。

その他の部分は、軽くサッと拭きます。

慣れてくれは、5分から10分で拭き終わります。

まとめ

綺麗な排水口

お風呂に入った後に、毎日欠かさず、水滴を拭き取りした結果、お風呂は綺麗な状態を保っています。

水滴が汚れの原因ですからね。

汚れが付きやすいイスや洗面器もピカピカのままです。

あと、排水口も綺麗な状態を保っています。

これからも、綺麗な状態を保てるよう、手間はちょっとかかりまが、お風呂を拭いていきます!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-お掃除

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.