シンプルライフ。充実生活。

無印良品・100均グッズ・断捨離・片付けで素敵な生活、正しい家計管理を実践して年間200万円の貯蓄目標

100均グッズ

100均グッズでパソコンデスクとしての無印良品「コの字の家具」を使いやすくした!

投稿日:2014年2月4日 更新日:

無印良品「コの字の家具」

我が家では、無印良品の「コの字の家具 幅70cm ブラウン」をリビングのパソコンデスクとして使用しています。

「コの字の家具」はコンパクトなのが、一番のお気に入りポイントです。

<関連記事>無印良品の「コの字の家具」をパソコンデスクに。リビングがスッキリしました!

<関連記事>パソコンデスクとしての無印良品「コの字の家具」の良かった点とイマイチな点

無印良品「コの字の家具」の気になるところ

無印良品「コの字の家具」

しかし、パソコンデスクとして「コの字の家具」を使っていると、気になることもあります。

普段は、ノートパソコンの「MacBook air」の電源ケーブルがあるので、「コの字の家具」を壁からちょっと離して置いています。

DSC_3174

「コの字の家具」は重量が6.4kgしかないので、ちょっとしたことで簡単に動いてしまいます。

「コの字の家具」が動いた時に「MacBook air」の電源ケーブルが、壁と「コの字の家具」の間に挟まり電源ケーブルが痛んでしまうかもしれません。

また、「MacBook air」の電源ケーブルが挟まったままの状態で使っていると、変な風によじれて電源ケーブルがさらに痛んでしまうかもしれません。

どちらも、「かもしれない」ことなので、気にすることではないのかもしれません。

でも、わたしは細かいところが気になってしまいます。

と、言うことでこの状態を改善することにしました。

「コの字の家具」を100均グッズで使いやすく

DSC_3167

こんなことに費用をかけるのも、もったいないので100均グッズを利用することに。

近所の100円ショップで「耐震マット」を購入してきました。

DSC_3171

丸型の透明な耐震マットです。

サイズは直径20mm × 4mm です。

直径が、ちょうど「コの字の家具」の足の幅と同じです。

DSC_3172

この耐震マットを「コの字の家具」の足の部分に貼り付けます。

一枚だけだと電源ケーブルよりもちょっと幅広になるぐらいなので、余裕を見て二枚重ねにしました。

透明なので、「コの字の家具」の見た目に影響は全くありません。

「コの字の家具」の両サイドの足に耐震マットをそれぞれ貼り付けました。

DSC_3163

「コの字の家具」を壁に寄せて置いても、耐震マットのおかげで電源ケーブルが挟まることはありません。

ちょうど良い隙間が維持された状態を保ちます。

DSC_3180

さらに「コの字の家具」も直接壁と接触することがなくなったので、「コの字の家具」自体も傷つきにくくなったはずです。

スポンサーリンク

まとめ

ちょっとしたことでも、気になり始めると、それがずっと気になってちょっとしたストレスに感じてしまうこともありました。

今回の電源ケーブルの場合、そのままの状態を放置していたら実際にケーブルが痛んで接触不良を起こすかもしれませんでした。

ちょっとした改善点ですが、ストレスもなくなり、電源ケーブルのトラブルも未然に防げて良かったです。

スポンサーリンク

おすすめ記事&スポンサーリンク


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ツテ

ツテ

断捨離、片付け、無印良品と100均グッズでシンプルライフを目指しています! 正しい家計管理をして年間200万円の貯金、資産運用(iDeCo、インデックス投資)で充実した生活を送ることが目標です。


【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】


おすすめ記事

1

ゴチャゴチャしていたパソコン周りの配線を、先日、キレイに整理整頓しました。そうすると、なぜかしら別の場所の配線もキレイにしたくなってしまいます。 気になったのは、さらにゴチャゴチャしているテレビ裏の配 ...

無印良品の磁器歯ブラシスタンド 2

洗面台のハブラシ置き場として、無印良品の「磁器歯ブラシスタンド」を使っていました。 デザインもオシャレで、歯ブラシの置き場所としては良かったです。 しかし、洗面台の上をスッキリと整理整頓させたいとの思 ...

セリアのハブラシホルダー(吸盤タイプ) 3

洗面台にあるハブラシ、みなさんはどこに置いていますか? 我が家は、洗面台の上にある無印良品「磁器歯ブラシスタンド」にハブラシを置いています。 ハブラシを、サッと手に取ることができるので使い勝手は悪くな ...

正しい家計管理を実践「家計簿公開」 4

どんぶり勘定だった家計管理から、家計の黒字化を目指す正しい家計管理を実践しています。 キッカケは林總さん著の「正しい家計管理」を読んだからです。 予算をしっかりと組んで家計管理をした結果、2017年は ...

-100均グッズ

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2018 All Rights Reserved.