テレビ裏の配線を100均グッズでスッキリ整理整頓する方法

リビングの液晶テレビ

我が家のテレビ台には、液晶テレビ、ブルーレイディスクレコーダー、外付けHD、フレッツ・ミルエネの端末を置いています。

テレビの表から見ると配線は全く見えなくてキレイですが、テレビ台の裏側を見ると配線がゴチャゴチャで酷いです。

テレビ裏のごちゃごちゃしている配線

普段は、テレビ台をもっと壁側に近づけているので、配線はそんなに見えません。

でも、ホコリなどが溜まって、あまりキレイな場所ではありません。掃除も、やりにくいです。

この状況を打破すべく、どうしようかと悩みましたが、なかなか良いアイデアが思い浮かびません。

悩んだときは、まずはネットで検索。「テレビ裏 配線」や「テレビ周り 配線」と検索してみると、たくさんヒットします。

その中で参考になりそうなモノが100均グッズを利用したものでした。

100円ショップでグッズを購入

100均グッズ

さっそく、100円ショップ「キャンドゥ」に行って、次の三点を買ってきました。

・コードチューブ(中)
・コードチューブ(太)
・両サイドに穴が空いた木箱

合計で、300円(税別)です。

100均グッズでテレビ裏の配線をキレイにする方法

テレビの裏から出ているケーブル4本を、コードチューブ(太)で束ねる。

テレビの裏から出ているケーブル4本を、コードチューブ(太)で束ねていきます。バラバラだった4本のケーブルがキレイにまとまって、見た目もバッチリです。

コードチューブの途中から好きな場所でケーブルを入れたり出したりすることができるので便利です。不要な部分はハサミでカットして長さの調節をしました。

木箱の中にケーブルを入れる

電源タップのケーブルと同軸ケーブルが長過ぎるので、普通に束ねるのではなく、木箱にケーブルを入れて長さを調節しました。

ケーブルを木箱に入れるだけなので、簡単な作業です。長さが調節できたら、木箱を裏返します。

ケーブルを入れたら木箱を裏返す

ブルーレイディスクレコーダーと外付けHDDからのケーブルはのコードチューブ(中)で束ねていきます。電源ケーブルと同軸ケーブルの2本に向かう先が違うので分けてました。

ケーブルを束ねている木箱は裏返しているので、ホコリが溜まることはありません。見栄えはちょっと悪いですが、「木製AVラック」の裏側なので問題なしです。

100均グッズでテレビ裏の配線がスッキリ

全てのケーブルを接続して、配線作業は終了です。コードチューブでケーブルを束ねているので、かなりスッキリして見えます。

余分なケーブルを木箱に収納しているので、ごちゃごちゃする原因の余ったケーブルが見えないのも、いいです。

最後にテレビ台を元の位置に戻しました。

100均グッズでテレビ裏の配線を整理整頓した結果

100均グッズでテレビ周りの配線がスッキリ整理整頓

普段の目線からは、のぞき込まないとテレビ裏のケーブル類はほとんど見えないです。たとえ、見えたとしてもコードチューブのお陰で、ケーブルがばらけていないので、キレイに見えます。

テレビ裏の配線をスッキリときれいにすることができました。

まとめ

100均グッズでテレビ裏の配線がスッキリ整理整頓

配線をコードチューブで束ねるのがちょっと面倒でしたが、それ以外の作業は簡単にできました。

100均グッズを組み合わせて、テレビ裏の配線が見違えるように、スッキリとキレイに整理整頓できて良かったです。

タイトルとURLをコピーしました