シンプルライフ。充実生活。

無印良品の収納グッズで素敵な生活、断捨離・片づけ、正しい家計管理で年間250万円の貯金

100均グッズ

雪国なので靴の数は多いけど、100均グッズで工夫して収納

【この記事をシェアする】

投稿日:2016年9月18日 更新日:

玄関の靴箱

こんばんは、プラムです。

北海道は、冬靴が必要なので、雪の降らない地域に比べると、靴はたくさん必要です。

なんで、こんなことを突然、書こうと思ったのは、夫が関西出身で、そんな話が出たからです。

ちなみに、冬靴は、道路がツルツルに凍っても滑らないように靴の裏がギザギザになっています。

冬靴を履いていても、滑って転んでしまう時もあるんですけどね。

なので、ちょっと我が家の靴の収納について書いてみたいと思います。

玄関の靴箱

玄関の靴箱の中

玄関の所には、備え付けの靴箱があります。

結構大きくて、収納力もあります。

私は普段、スニーカーを履くことが多いので、上の段はスニーカーが多いです。

外反母趾なので、パンプスを履くと、脚が痛くなってしまいます。

しかも、私の足は、幅が狭くて縦長なので、かかとのある靴を履いていると、足の裏全体が前に滑って、歩きにくいんです。

なので、あんまりオシャレな靴が履けないのが悩みです。

そして、スニーカーを履いていても、足が痛くなるので、去年、東急ハンズでインソールを買ってきて入れていたら、足の痛みも、大分よくなりました。

そしたら、夫も職場で足が痛くなったと言って、私の真似をして、インソールを買いに、東急ハンズへ一緒に行きました。

それで、店員さんとの話の流れで、機械で足の具合を測ってみることになりました。

実際測ってみて、足に合う、手作りのオーダーメイドのインソールを、夫婦二人分作ってもらうことになりました。

とても値段が高くて躊躇したけど、健康オタクの夫だから、きっといつかは作ってもらうことになるんだろうな、って思ってました。

足の裏は、第二の心臓だから、もったいないとか、言ってられないかな?と。

結局、オーダーメイドのインソールを買うことになって、かなり嬉しかったです。

できるまでに、15日くらいかかって、完成したオーダーメイドのインソールは靴に入れてみると、履き心地は抜群でした。

高かったけど、オーダーメイドのインソールを買って、良かったと思います。

ただ、靴によってはインソールを入れても痛いものがあるので、そんな靴はもっと思い切って靴を断捨離してもいいかな?って思います。

インソールの話から靴箱の話に戻すと、靴箱の一番下には、冬用の靴があります。

全部かかとのない、ペッタンコな靴です。

これは、インソールを入れれば、履いても痛くならない大丈夫な靴ばかりです。

冬物の靴は、かなり場所を取るので、年中ここに入れてあります。

廊下収納にも靴を収納

廊下収納に収納している靴

そして、玄関からすぐの廊下収納に、季節外れの靴を入れる、靴箱を置いています。

100均で買ってきたシューズケースを、夫がうまい具合に組み立てて、靴を入れてあります。

100均のシューズケースは半透明なので、中にどんな靴が入っているのかすぐにわかるので便利です。

あと、左側は、箱に写真を付けて、中に何の靴がが入っているかがひと目でわかります。

箱だけだと中にどんな靴が入っているのかわかりませんもんね。

細かいことまで気が利く夫だ。

まとめ

雪が降る北海道では、冬靴が必需品なので、雪が降らない地域に比べると靴の数が多くなってしまいます。

もし、冬靴が必要ない地域に住んでいたら玄関の靴箱だけで全部の靴が収納できると思います。

でも、冬靴が必要な北海道で暮らしているので、靴も上手に収納しなければ玄関に出しっぱなしの靴があふれてしまいます。

玄関に靴を出しっぱなしにしている状態はイヤなので、靴を100均グッズなどを利用して、上手に収納して、シンプルライフを目指したいです。

それと、玄関のたたきは、以前も書いたように、雑巾で毎日拭いています。

夫は更に、靴の裏も毎日拭いています。

夫は私に、押し付けがましくなく、何でも自分でするので、本当にラクだなー、って思います。

なので、ちょっとくらい、カチンとくることがあっても、怒らないで、できるだけ優しく接してあげようと思います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【この記事をシェアする】

【Twitterでフォローする】

おすすめ記事(一部広告を含む)

スポンサーリンク

-100均グッズ

Copyright© シンプルライフ。充実生活。 , 2017 AllRights Reserved.